初心者でも大丈夫!育てやすいサツマイモ3品種

スポンサーリンク

すでにサツマイモを栽培されたという方も、そうでない方も、「芋ができてなかった…」ということのないように、育てやすいサツマイモの品種を3つピックアップしました。

サツマイモの品種を選ぶ基準

  • 作りやすい
  • 食味が良い
  • 貯蔵性が高い

サツマイモは収穫後に貯蔵することで追熟して甘みが増しますが、品種によって貯蔵性に差があります。

せっかく収穫できたのですから、追熟中に腐ってしまわないように、貯蔵性の高い品種を選ばれた方が良いでしょう。

定番中の定番「紅あずま(ベニアズマ)」(農林36号)

スーパーに出回るサツマイモで一番多いのがベニアズマで、関東地方で抜群の人気を誇る品種です。

食味は、甘みが強くてコクがあり、ホクホクした食感が特徴です。

強くて丈夫で、生育も早く、貯蔵性にも優れており、初心者でも安心して栽培です。

上品な甘味が特徴の「鳴門金時」(高系14号の変異種)

高い糖度でありながら上品な甘さが特徴の鳴門金時。

関東地方でベニアズマが人気なのに対し、関西地方で人気なのが鳴門金時です。

生育が早くて収量も多く、初心者でも簡単に栽培でき、家庭菜園で定番の品種です。

関東地方で根強い人気の品種「関八」(関東83号)

関東地方で多く栽培されている間八。

味が良いことから、根強い人気があります。

ベニアズマに比べて収量は劣るものの、美味しさはそれ以上です。

まるで密のような甘さと、育てやすさ、貯蔵性の良さで家庭菜園に最適の品種です。

スポンサーリンク