プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

栽培の基本

苗のじょうずな植え方

投稿日:2017年3月7日 更新日:

ゴーヤの苗を植えたところ

葉もの野菜、実もの野菜ともに苗の植えつけの基本は同じです。根もの野菜は直根で植え替えに適さないので、苗は出回りません。

苗の植えつけのポイントは、根を傷めないことです。ポットから丁寧に苗を取り出して、根鉢を崩さないように植えます。

植え穴を掘って植えますが、土をかける厚さにも注意が必要です。かける土の量は育てる野菜によって異なりますが、根鉢の植えにわずかに土がかかる程度に浅めに植えるのが基本です。

苗の植えつけの基本

植えつけ適期を必ず守ってプランターに植えます。早く植えすぎると、苗が傷んだり枯れたりします。

[よい植えつけ]
苗を植えつけたとき、根鉢の上にわずかに土がかかり、株元が少し高くなるのがよい植え方です。

[悪い植えつけ]
苗を植えつけたとき、根鉢に土がかかりすぎて深植えになったり、根鉢が深すぎて株元の土がくぼんだようになるのは悪い植え方です。

苗の植え方

1.配置を決める

プランターの土の上にポットのまま置き、植える位置を決めます。

2.苗を取り出す

株元を人差し指と中指ではさみ、斜めに倒して根鉢を崩さないように丁寧に苗を取り出します。

3.植え穴に入れる

根鉢と同じくらいの大きさの植え穴を掘り、苗を入れます。

4.土をかける

株元に土をかけ、株元を手のひらで軽くおさて土と根鉢を密着させ、株を安定させます。

5.支柱を立てる

風で苗が動かないように、短い支柱を立てて、麻ひもなどで茎を支柱に固定します。

6.水をやる

プランターの水抜き栓から水が出るくらいたっぷりと水を与えます。

植えつけに適した天気

苗の植えつけは、それぞれの野菜にあった時期に行います。

天候は、比較的暖かく、好天で風のない日の午前中が適しています。夏なら涼しい夕方に行います。

植えたての苗は、強い日ざしや強い雨、強い風は大きなストレスとなり、その後の生育が悪くなります。

挿し苗を植えるには(例:サツマイモ)

サツマイモは葉のつけ根から伸びた根が太って芋になるので、葉のつけ根を土に埋めます。

1.茎が水平になるよう、4~5節以上を土に埋めます。

球根を植えるには(例:ラッキョウ)

球根を分球して植えつけます。

1.球根を小分けして、枯れた外皮をはがします。

2.球根の先が少し出るくらいに浅めに植えます。

芋類の種芋を植えるには(例:ジャガイモ)

深さ6cm、芽が出る側を上向きに植えます。

1.深さ6cmの植え穴を掘り、種芋の芽を上にして入れます。

2.土を植え穴に入れて種芋を隠します。

ad

ad

-栽培の基本

執筆者:

関連記事

no image

連作障害を知っていますか?

プランターの土を何回もそのまま使っていると、野菜がうまく育たなくなることがあります。 原因は、土の中に害虫や病原菌が増え、野菜の生育をさまたげているからです。 これを連作障害といって、病気にかかりやす …

no image

整枝して枝葉を整えよう

プランターで野菜を育てるには、狭いスペースで栽培するため、支柱やネットへの「誘引(ゆういん)」、わき芽を小さいうちに摘みとる「わき芽かき」、種子の先端を摘みとる「摘心(てきしん)」などの整枝(せいし) …

病気・害虫の防除対策

プランターで野菜を育てるうえで、病害虫防除は避けては通れない問題です。 虫に食べられて穴があいたり、病気にかかって傷んだ葉や実は、残念ながら元に戻ることはありません。 野菜を害虫の被害から守るためには …

no image

真夏の厳しい環境から野菜を守るコツ

真夏は日ざしが強く、気温もグングン上がり、野菜は夏バテを起こし、プランター菜園にとって過酷な環境になります。 高温、乾燥、強い日ざしなどが原因で生育が悪くなり、病気が発生することもあります。 夏野菜は …

no image

実もの野菜にはいろいろな作業が必要です

プランター菜園でも人気の大玉トマト、ミニトマト、ナス、ピーマン、キュウリなどの実がつく野菜は、成長するにしたがい、「支柱立て」「誘引」などの作業が必要になります。 また、大玉トマト、カボチャ、ミニメロ …