ナスの作りやすい品種・人気の品種

スポンサーリンク

関東では卵形のナスが主流ですが、九州などの西日本では古くから大長ナスが親しまれており、最近では関東のスーパーでも大長ナスを見かけるようになりました。

大長ナスだけなく、変わった形の丸ナスや巾着ナス、面白い色のゼブラ、白、緑色のナスなど、特有の品種があります。

千両2号


楽天:ナス苗 千両二号

長卵形のナスの定番品種。生育は旺盛でスタミナがあり、長期間収穫できて多収です。実は黒紫色でツヤがあり、やわらかくておいしいです。育てやすくて食味も良く、家庭菜園におすすめの品種です。

小五郎


楽天:野菜種 ナス 小五郎

千両二号の改良種です。千両2号以上に実のツヤが良く、肉質はやわらかくておいしいです。草勢も千両2号よりもやや強めです。

筑陽


楽天:ナス苗 筑陽

黒陽の改良種で、首太の長ナスです。生育は旺盛で、スタミナがあり、夏場の奇形果の発生も少なく、家庭菜園でも育てやすいです。実はツヤが良いのが特徴で、肉質はきめが細かく、焼きナスや漬物などに最適です。

庄屋大長


楽天:ナス苗 庄屋大長

九州で親しまれている大長ナス。実の長さが35~45cm以上にもなります。生育は旺盛で、暑さにも強く、育てやすいです。皮は黒紫色でツヤがあり、果肉がやわらかいのが特徴です。

スポンサーリンク