劇的に効率が良くなる!?計画を立てて作業効率アップ!

スポンサーリンク

お借りした広い畑

家庭菜園をやっている人も、これからやってみようと思っている人も「どうせならば効率良く作業をしたい」と思うはず。あなたはいかがですか?

家庭菜園を始めて数年になりますが、作業の効率はグングン良くなってます。もちろん慣れもありますが、それだけではありません。

劇的に効率が良くなったのは、家庭菜園の計画を立てるようになってからです。

それでは、計画を立ててから効率が良くなったとは、具体的にはどのようなものだろうか?

計画を立てる目的は3つ

家庭菜園での計画を立てる目的は3つあります。

  • 育てる野菜が決まる
  • 野菜を育てる時期が決まる
  • 野菜を育てる場所が決まる

これらを決めて計画を立てることを、作付計画といいます。

育てる野菜の種類を絞る

店頭に並んだ野菜の種の多さに驚きます。

しかし、それらは種類や品種のごく一部です。野菜の種類はとても多く(150種以上にもなります)、それぞれでたくさんの品種があります。

それらの中から、目的にあった種類や品種を選ぶことが大切です。

野菜を育てる時期を計画する

野菜には適した栽培時期があります。自然には逆らわず、適した栽培時期に育てなくてはなりません。

地域によっても適した時期は異なります。野菜の種類や品種、地域にあった栽培時期を守ることが大切です。

野菜を育てる場所を計画する

野菜を育てるスペースをいくつかの区画に分けて、毎年違う種類の野菜を栽培します。これを輪作といいます。

また、同じ種類の野菜を同じ場所で作り続けると、年を重ねるごとに野菜の生育が悪くなるこがあります。この現象を連作障害といいます。

連作障害が発生するには様々な原因や条件がありますが、同じ種類の野菜を同じ場所で作り続けることは、決して良くありません。

連作障害のでやすい野菜を続けて作らないためにも、他の野菜と組み合わせることが大切です。

計画を立てて作業の効率化を図る

努力を無駄にしないでください

闇雲に思いつくままに作業をする人がいます。

すると、無計画な野菜づくりは効率が悪いことは言うまでもありませんが、それ以外にも育てたい野菜の場所がなくなったり、種まきや植え付けの時期がずれたりと、無理に無理を重ねていくことになります。

また、それにより土壌にも悪影響を及ぼし、病気や育成不良など、せっかく育てた野菜によくない影響を及ぼすこともあります。

ですから、効率よく作業するためにも、計画を立てるということはとても大切なことです。去年の結果を思い出しながら、無理の無い計画をたてることもまた、大切なことです。

もちろん、あくまでも計画です。無理に計画を立てる必要はありませんが、計画を立てることによって学ぶこともたくさんあります。作業効率以外にもメリットがたくさんあるわけです。

スポンサーリンク