家庭菜園の4月|夏野菜の植えつけ準備

スポンサーリンク

家庭菜園の4月は、冬野菜の収穫が完全に終わり、一年でもっとも収穫の少ない冬の端境期にあたります。

しかし、5月から一斉に植えつけを迎えるトマト、ナス、ピーマンなどの夏野菜の準備で忙しくなります。

暖かくなりますが、まだ遅霜の心配もあるので、霜よけなどの防寒が必要です。夏野菜の植えつけは遅霜の心配がなくなるまで待ちましょう。

[4月の主な作業]

  • ジャガイモの芽かきと追肥
  • 種まき
  • 苗づくり
  • 植えつけ
  • 畝づくり
  • 除草

4月に種をまく野菜

  • ホウレンソウ
  • 小松菜
  • シュンギク
  • インゲン
  • 枝豆
  • オクラ
  • トウモロコシ
  • シュンギク
  • カブ
  • 大根
  • ラディッシュ
  • カボチャ(育苗)
  • ズッキーニ(育苗)
  • キャベツ(育苗)
  • レタス類(玉レタス、リーフレタス、サラダ菜など)(育苗)
  • モロヘイヤ(育苗)

など。

4月になると気温も上がり、多くの野菜種まきの適期です。適期を逃さないよう、計画的に進めていきましょう。

4月に植える野菜

  • カボチャ
  • キュウリ
  • レタス類
  • アスパラ
  • 里芋(種芋)
  • 生姜(種生姜)

など。

まだ遅霜の心配もあるので、早植えに注意しましょう。

ジャガイモの芽かきと追肥

ジャガイモは、すべての芽を成長させると、小さい芋ばかりになってしまうので、芽かきをして芽の本数を減らします。

一般的には、茎の丈が10cmほどに伸びたころに、太くて丈夫な茎を2~4本だけ残して、ほかの茎をかきとります。

芽かきをした後、化成肥料を株元に施します。

[関連記事]
ジャガイモの「芽かき」の理由とやり方

畝づくり

4月下旬から5月のゴールディンウィークは、トマト、ナス、ピーマンなどの夏野菜の植えどきです。

5月は種まき、苗の植えつけなど、多くの作業がありますから、夏野菜の植えつけ適期を逃さないよう、早めに畝づくりをすませていきましょう。

スポンサーリンク