ジャガイモの育て方まとめ

スポンサーリンク

ジャガイモ

ゆでたてホクホクのジャガイモにバターをのせた美味しさは絶品です。

ジャガイモは北海道や東北などの涼しい気候のところでよくとれますが、そのたの地域でも比較的簡単につくることができます。

栽培の手間もあまりかからず、春と秋の2回栽培でき、保存もできて利用範囲も広く、家庭菜園におすすめの作物です。

[春作]ジャイガモの人気のある品種
[春作]ジャイガモの人気のある品種
主な品種は男爵とメークインで、日本で栽培されている品種の4割をこのふたつが占めていますが、最近では「とうや」やキタアカリも人気です。そのほかにもさまざまな品種があり、味や食感、収穫後の芽を出すまでの休眠期間など、それぞれ特徴をもっています。

詳しく見る

[春作]ジャイガモの育て方とコツ
[春作]ジャイガモの育て方とコツ
ジャガイモは弱酸性の土壌を好みます。土壌がアルカリ性に傾くと、芋の表皮がざらざらになる「そうか病」が発生しやすくなるので、強い酸性の土壌でなければ、石灰を入れる必要はありません。芽は霜に弱く、あたるとダメになります。無理な早植えは避けましょう。

詳しく見る

[秋作]ジャイガモの育てやすい品種
[秋作]ジャイガモの育てやすい品種
ジャガイモの秋作では、春作で収穫した芋で、休眠期間が短く、暑さに強い品種が、秋作に適した品種になります。ここでは、秋作に適した品種で、初心者でも栽培しやすい品種を紹介します。

詳しく見る

[秋作]ジャイガモの育て方
[秋作]ジャイガモの育て方
秋作を行うには、夏の猛暑が和らぐ9月上旬に種芋を植えつけ、霜が降りるまでに収穫します。品種は、秋作に適しているニシユタカ、デジマ、アンデスレッドなどの休眠期間が短く、早く発芽する品種を選びます。

詳しく見る

春作における黒マルチの効果
春作における黒マルチの効果
ジャガイモの春作で黒マルチを使うと、雑草を抑制でき、地温を上げて収穫を早め、はじめに手をかけるぶん、あとの作業は手がかからないので、おすすめの方法です。

詳しく見る

ジャガイモの芽かきの理由・やり方
ジャガイモの芽かきの理由・やり方
ジャガイモは競合によって芋の数が制限され、面積当たりの収量がおおよそ決まっています。ジャガイモはふつう5~6本の芽が出てきます。すべての芽を成長させると、芋の数は多くなりますが、小さくなってしまうので、芽かきをします。

詳しく見る

スポンサーリンク