ジャガイモの育て方まとめ

スポンサーリンク

ジャガイモは芋類の中でも栽培期間が短く、あまり手間もかからないので、家庭菜園におすすめの作物です。

また、最近では種芋がホームセンターなど身近で販売されるようになったため、入手しやすくなり、さまざまな品種を楽します。

ここでは、春作(3月~6月)、秋作(9月~11月)に向いている品種や、霜対策や芽かきの詳しいやり方など、ジャガイモの育て方についてまとめています。

[春作]ジャイガモの育てやすい品種
[春作]ジャイガモの育てやすい品種
ジャガイモと言えば、男爵とメークインが代表的で有名な品種ですが、最近では「とうや」やキタアカリの人気が高まっています。春作に適した品種で、料理に使用しやすく、栽培しやすい代表的な品種や、人気の品種をまとめました。

詳しく見る

[春作]ジャイガモの育て方とコツ
[春作]ジャイガモの育て方とコツ
ジャガイモは芋類の中でも栽培期間が短く、栽培の手間もあまりかからないので、比較的簡単につくることができます。また、保存もきくため、家庭菜園に向いています。

詳しく見る

ジャイガモの「秋作」での育てやすい品種
ジャイガモの「秋作」での育てやすい品種
ジャガイモの秋作では、春作で収穫した芋で、休眠期間が短く、暑さに強い品種が、秋作に適した品種になります。ここでは、秋作に適した品種で、初心者でも栽培しやすい品種を紹介します。

詳しく見る

ジャイガモの「秋作」での育て方
ジャイガモの「秋作」での育て方
ジャガイモは春作が一般的ですが、平穏地では9月上旬に種芋を植え付ける「秋作」も行うことができます。秋作に合った植え付け方、植え方を工夫して栽培します。

詳しく見る

ジャガイモの「浴光催芽」を詳しく解説
ジャガイモの「浴光催芽」を詳しく解説
ジャガイモの春作の栽培で重要なことは、早くからしっかり栽培して芋を肥大させ、暑くなる前に収穫してしまうことです。そのためには、確実に種芋から芽を出させる「浴光催芽」が効果的です。

詳しく見る

ジャガイモの弱点「暑さ・霜」から守る
ジャガイモの弱点「暑さ・霜」から守る
ジャガイモは霜にあたると茎や葉は枯れ、25℃を超えると生理障害を起こし、うまく育ちません。植え付け時期を守り、寒さ(霜)対策をしっかり行えば、栽培はスムーズにすすみ、増収にも繋がります。

詳しく見る

[ジャガイモ]春作は黒マルチを活用
[ジャガイモ]春作は黒マルチを活用
ジャガイモは成長に合わせた土寄せ作業が必要なため、マルチは使わないのが一般的ですが、春作のジャガイモは前半の時期の地温が低く、黒マルチを使用した場合の地温を上げる効果が大きいため、黒マルチの使用をおすすめします。

詳しく見る

ジャガイモの「芽かき」理由・やり方
ジャガイモの「芽かき」理由・やり方
ジャガイモの芽かきは、収量に影響する重要な作業です。その理由をしっかり理解して行うことが大切です。「芽かきをする理由」や「芽かきのやり方」について詳しく解説します。

詳しく見る

ジャガイモの「病気と害虫」の防除方法
ジャガイモの「病気と害虫」の防除方法
ジャガイモの主な病気としては「そうか病」と「疫病」があります。主な害虫としてはアブラムシやニジュウヤホシテントウなどです。気温が高くなると病害虫が発生しやすくなるので、早めの防除が大切です。

詳しく見る

スポンサーリンク