「秋作」に適したジャガイモの品種まとめ

スポンサーリンク

ジャガイモは発芽まで眠りにつく休眠という特性があり、品種によって休眠期間の長さが異なります。休眠してると植え付けても出芽(土から芽を出すこと)しないので、秋作では休眠期間が短い品種を選びます。

また、秋作は夏の暑い時期に栽培するので、暑さに強い品種を選びます。よって、春作で収穫した芋で、休眠期間が短く、暑さに強い品種が、秋作に適した品種です。

自分で秋作用に春作で種芋を作って使用することもできますが、ウイルスに感染していると疫病が発生するので、ウイルスフリー(ウイルスに感染していない)の種芋の購入をおすすめします。

ここでは、秋作に適した品種で、初心者でも栽培しやすい品種を紹介します。

ニシユタカ

デジマを母とした品種で、暖地で多く栽培されています。ホクホクした食感とあっさりした味、煮崩れしないのが特徴で、煮物や炒めものに最適です。生育は中程度の中生種です。芋の大きさや揃いが良く、春作・秋作共に多収で、収量はデジマに勝ります。


楽天:種芋 ニシユタカ

デジマ

暖地で定番の品種で、芽が浅く、芋の外観に優れ、食味もとても良くて人気です。デンプン質が高くて煮崩れしやすいので、粉ふきいもやポテトサラダなどに最適です。生育は中よりやや長い中晩生です。秋作での初期の生育に優れ、多収ですが、ニシユタカよりもやや劣ります。


楽天:種芋 出島(デジマ)

アンデス赤(アンデスレッド)

肉食が鮮やかな黄色で、食味が抜群が良く、外皮が赤いのが特徴です。舌触りは滑らかで、カロテンやビタミンCを多く含みます。生育は中程度の中生種です。病気に強く、収量にも優れ、育てやすい品種です。


楽天:種芋 アンデス赤

スポンサーリンク