プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

栽培の基本

いよいよ収穫です!

投稿日:2017年3月2日 更新日:

ラディッシュの収穫適期

収穫は、栽培過程の中でもっとも達成感のあるときです。

プランター菜園では、食べごろを待って収穫できるので、とりたての新鮮な野菜をおいしく食べられるのが魅力です。

例えばトマトは、赤く完熟してから収穫するのがおすすめです。トウモロコシや枝豆などのとりたてのおいしさも格別です。

収穫の適期は野菜によって違います。どのくらいの大きさで収穫するとよいのか、それぞれの野菜の育て方で確認しておくとよいでしょう。

どの野菜も収穫適期を逃すと固くなったりして味が落ちるので、適期を逃さないことも大切です。

実もの野菜

キュウリやゴーヤなどの未熟果は、ある程度の大きさになったら収穫します。

トマトやイチゴなどは、見た目で判断して収穫します。スイカやメロンなどは、収穫適期の見極めが難しく、人工授粉からの日数などで判断して収穫します。

実を片方の手で押さえ、ヘタの近くの茎をハサミなどで切り取って収穫します。

根もの野菜

地下部の見えない部分の充実を知るには、葉や茎の状態などで適期を判断します。

首元を持ち、そっと上へ抜き取って収穫します。

葉もの野菜

収穫した小松菜

やや若どりのほうがやわらかくて美味しいです。

ホウレンソウや小松菜などは、株元を持ち、そっと土から引き抜いたり、ハサミなどで株元から切り取ります。

キャベツや白菜などは、株元を包丁などで切り取ります。

ad

ad

-栽培の基本

執筆者:

関連記事

病気・害虫の防除対策

プランターで野菜を育てるうえで、病害虫防除は避けては通れない問題です。 虫に食べられて穴があいたり、病気にかかって傷んだ葉や実は、残念ながら元に戻ることはありません。 野菜を害虫の被害から守るためには …

no image

真夏の厳しい環境から野菜を守るコツ

真夏は日ざしが強く、気温もグングン上がり、野菜は夏バテを起こし、プランター菜園にとって過酷な環境になります。 高温、乾燥、強い日ざしなどが原因で生育が悪くなり、病気が発生することもあります。 夏野菜は …

苗のじょうずな植え方

葉もの野菜、実もの野菜ともに苗の植えつけの基本は同じです。根もの野菜は直根で植え替えに適さないので、苗は出回りません。 苗の植えつけのポイントは、根を傷めないことです。ポットから丁寧に苗を取り出して、 …

プランターでの種まき

基本の種まきには、条(すじ)まき、点まき、ばらまきの3つの方法があります。それぞれの野菜に適した方法を選びます。 いずれの方法も、成長に合わせて間引きが必要になります。隣の株と葉が重ならないように間隔 …

no image

連作障害を知っていますか?

プランターの土を何回もそのまま使っていると、野菜がうまく育たなくなることがあります。 原因は、土の中に害虫や病原菌が増え、野菜の生育をさまたげているからです。 これを連作障害といって、病気にかかりやす …