プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

栽培の基本

連作障害を知っていますか?

投稿日:2017年2月28日 更新日:

プランターの土を何回もそのまま使っていると、野菜がうまく育たなくなることがあります。

原因は、土の中に害虫や病原菌が増え、野菜の生育をさまたげているからです。

これを連作障害といって、病気にかかりやすくなったり、害虫が発生しやすくなります。

畑の場合、土を入れ替えられないため、同じ科の野菜を同じ場所でつくり続けないように注意します。

プランターで野菜を育てる場合は、新しい培養土に取り替える場合は問題ありません。

ただし、土を再利用する場合は注意が必要です。

野菜によって、作り続けられる年数が違い、連作障害の出にくい野菜もあります。

一般的に、ナス科、ウリ科、マメ科の野菜は、連作障害が出やすいので、トマトを作った翌年に同じ土でナスを作るというように、同じナスカの野菜を作るのを避けます。

同じ土で栽培する種類を変えていくことを心がけましょう。

なお、夏に天日干しして、太陽熱を利用して殺菌すれば防げます。

[関連記事]
使い終わった土は捨てずに再利用しよう

[連作障害の出やすい野菜]
エンドウ、ソラマメ、スイカ、メロン、トマト、ナス、ピーマン、キュウリ、ゴボウなど。

[連作障害の出にくい野菜]
モロヘイヤ、人参、ゴーヤ、サツマイモ、カボチャ、小松菜、ホウレンソウ、タマネギ、ネギ、シュンギク、ニンニク、ラディッシュなど。

[1年は休む]
小松菜、ホウレンソウ、小カブ、ゴーヤ、キャベツ、ブロッコリー、シュンギク、レタスなど。

[2年は休む]
ジャガイモ、キュウリ、インゲン、枝豆、落花生、白菜、イチゴなど。

[3年は休む]
トマト、ピーマン、トウガラシ、メロン、ソラマメ、カリフラワーなど。

[4~5年は休む]
ナス、スイカ、エンドウ、ゴボウなど。

ad

ad

-栽培の基本

執筆者:

関連記事

no image

背が高くなる野菜は支柱を立ててサポート

つるが伸びたり、背が高くなる野菜を育てるには、支柱を立てて茎やつるを誘引します。 とくにプランターを屋上やベランダに置くと風の影響を受けやすいので、頑丈な支柱で野菜を支えます。 苗を植えたとき 植えつ …

プランターでの種まき

基本の種まきには、条(すじ)まき、点まき、ばらまきの3つの方法があります。それぞれの野菜に適した方法を選びます。 いずれの方法も、成長に合わせて間引きが必要になります。隣の株と葉が重ならないように間隔 …

病気・害虫の防除対策

プランターで野菜を育てるうえで、病害虫防除は避けては通れない問題です。 虫に食べられて穴があいたり、病気にかかって傷んだ葉や実は、残念ながら元に戻ることはありません。 野菜を害虫の被害から守るためには …

no image

あまった種はじょうずに保存して翌年も使おう

プランターで野菜を育てるには少量の種があれば足りるので、1袋購入すると使いきれずにあまってしまいます。 あまった種は、乾燥状態を保てばまた来年もまた使用することができますので、捨てずに保存しましょう。 …

水やりが重要なポイント!

プランターは土の量が限られていて土が乾きやすいので、毎日の水やりが重要なポイントとなります。 土の表面が乾いたら水やりのタイミングです。プランターの水抜き栓から水が出るくらいたっぷりと水を与えます。 …