プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

栽培の基本

連作障害を知っていますか?

投稿日:2017年2月28日 更新日:

プランターの土を何回もそのまま使っていると、野菜がうまく育たなくなることがあります。

原因は、土の中に害虫や病原菌が増え、野菜の生育をさまたげているからです。

これを連作障害といって、病気にかかりやすくなったり、害虫が発生しやすくなります。

畑の場合、土を入れ替えられないため、同じ科の野菜を同じ場所でつくり続けないように注意します。

プランターで野菜を育てる場合は、新しい培養土に取り替える場合は問題ありません。

ただし、土を再利用する場合は注意が必要です。

野菜によって、作り続けられる年数が違い、連作障害の出にくい野菜もあります。

一般的に、ナス科、ウリ科、マメ科の野菜は、連作障害が出やすいので、トマトを作った翌年に同じ土でナスを作るというように、同じナスカの野菜を作るのを避けます。

同じ土で栽培する種類を変えていくことを心がけましょう。

なお、夏に天日干しして、太陽熱を利用して殺菌すれば防げます。

[関連記事]
使い終わった土は捨てずに再利用しよう

[連作障害の出やすい野菜]
エンドウ、ソラマメ、スイカ、メロン、トマト、ナス、ピーマン、キュウリ、ゴボウなど。

[連作障害の出にくい野菜]
モロヘイヤ、人参、ゴーヤ、サツマイモ、カボチャ、小松菜、ホウレンソウ、タマネギ、ネギ、シュンギク、ニンニク、ラディッシュなど。

[1年は休む]
小松菜、ホウレンソウ、小カブ、ゴーヤ、キャベツ、ブロッコリー、シュンギク、レタスなど。

[2年は休む]
ジャガイモ、キュウリ、インゲン、枝豆、落花生、白菜、イチゴなど。

[3年は休む]
トマト、ピーマン、トウガラシ、メロン、ソラマメ、カリフラワーなど。

[4~5年は休む]
ナス、スイカ、エンドウ、ゴボウなど。

-栽培の基本

執筆者:

関連記事

病気・害虫の防除対策

プランターで野菜を育てるうえで、病害虫防除は避けては通れない問題です。 虫に食べられて穴があいたり、病気にかかって傷んだ葉や実は、残念ながら元に戻ることはありません。 野菜を害虫の被害から守るためには …

水やりが重要なポイント!

プランターは土の量が限られていて土が乾きやすいので、毎日の水やりが重要なポイントとなります。 土の表面が乾いたら水やりのタイミングです。プランターの水抜き栓から水が出るくらいたっぷりと水を与えます。 …

no image

いよいよ収穫です!

収穫は、栽培過程の中でもっとも達成感のあるときです。 プランター菜園では、食べごろを待って収穫できるので、とりたての新鮮な野菜をおいしく食べられるのが魅力です。 例えばトマトは、赤く完熟してから収穫す …

no image

苗のじょうずな植え方

葉もの野菜、実もの野菜ともに苗の植えつけの基本は同じです。根もの野菜は直根で植え替えに適さないので、苗は出回りません。 苗の植えつけのポイントは、根を傷めないことです。ポットから丁寧に苗を取り出して、 …

防虫ネットを被せて虫よけ

プランターで野菜を育てるうえで、害虫の発生は避けられません。 野菜の中には害虫の被害を受けやすいものも多く、白菜、キャベツ、小松菜、小カブ、チンゲンサイなどは、害虫のために収穫できなくなってしまうこと …