イチゴの育て方まとめ

スポンサーリンク

家庭菜園で育てて収穫したイチゴ

甘くて美味しいイチゴは、子供に人気ナンバーワンの野菜です。

家庭菜園でイチゴを育てる場合は、10月下旬に苗を購入して露地に植えつけて、翌年の5月頃から収穫します。

一度植えるとそのまま3年くらい収穫できますが、収穫期後に親株から出るランナーと呼ばれる走りづるできた子苗で苗を作るよいでしょう。

育てやすいイチゴの品種
育てやすいイチゴの品種
スーパーなどで目にする「とよのか」や女峰などの有名なイチゴの苗がホームセンターなどで売られるようになりましたが、ここでは、家庭菜園で育てやすい品種をご紹介します。

詳しく見る

イチゴの育て方とコツ
イチゴの育て方とコツ
イチゴは家庭菜園では露地栽培が一般的で、10月下旬に苗を植えて、5月上旬~6月上旬に収穫します。栽培期間が長いわりに収穫期間が一月と短く、しかも保存も効きませんが、その採りたての味わいや赤い実の可愛らしさから家庭菜園の人気者です。

詳しく見る

イチゴの苗の選び方
イチゴの苗の選び方
イチゴはわりあい病害虫の発生が少なく、露地栽培でもそれほど心配はいりません。しかし、イチゴは苗の出来がとても重要で、苗の良し悪しは収穫量に大きく影響します。

詳しく見る

イチゴの苗の作り方
イチゴの苗の作り方
イチゴは、収穫が終わるころになると、株元からランナーと呼ばれる走りづるが出て、先に子苗がたくさんできます。この子苗をとって、翌年育てる苗を作ることができます。

詳しく見る

イチゴの株の更新について
イチゴの株の更新について
はじめてイチゴを栽培する場合は、10月下旬に苗を購入し、畑に植えつけます。一度植えるとそのまま3年くらい収穫できますが、収穫期後に親株から出るランナーと呼ばれる走りづるにできた子苗で苗を作ります。

詳しく見る

イチゴの実が傷む原因
イチゴの実が傷む原因
家庭菜園でのイチゴの露地栽培では、市場性を優先した品種の栽培は難しく、育てやすさを優先すると、実がやわらかくて傷みやすい品種がほとんどです。また、露地栽培では実に土が付きやすく、持ち帰って洗いますが、これも傷みが早くなる原因です。

詳しく見る

スポンサーリンク