プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

栽培の基本

整枝して枝葉を整えよう

投稿日:2017年3月3日 更新日:

プランターで野菜を育てるには、狭いスペースで栽培するため、支柱やネットへの「誘引(ゆういん)」、わき芽を小さいうちに摘みとる「わき芽かき」、種子の先端を摘みとる「摘心(てきしん)」などの整枝(せいし)作業がとても重要です。

とくに夏野は葉が大きく茂り、日当たりや風通しが収穫量に大きく影響するため、整枝をして株全体に日が当たるようにします。

また、つる性の野菜では、つるを誘引して広い範囲で栽培したり、背の高くなる野菜は茎を支柱に誘引します。実もの野菜では、あえて実の数を減らして、残した実に養分を集中させる摘果の作業を行います。

野菜ごとにこれらの作業のポイントが異なります。それぞれの野菜の育て方を確認しながら、適した時期に適した方法で行いましょう。

摘芯

摘芯は、高さを制限するだけでなく、わき芽や子づるの発生を促す目的もあります。

例えば枝豆は、本葉が5~6枚のときに上部の芽を摘みとると、脇芽の発生が促されて莢の付きが良くなります。

このように、野菜によっては摘芯した方が収量が増えることもあります。

摘芯する・しない、摘芯の方法やタイミングは野菜によって異なります。それぞれの野菜の育て方を参考に行ってください。

誘引

支柱やネットにつるや茎を誘引して、効率よく管理や収穫ができるようにします。

トマトやナスなどの支柱に絡みつかない野菜は、茎が伸びるにつれて早めに支柱に誘引する必要があります。

摘葉

黄色く変色した下葉は、そのままにしておくと病気の原因になるので早めに取り除きます。

また、葉が重なり合ったり、葉が込みあったところは風通しが悪くなるので、取り除いて葉に日が当たるようにします。

わき芽かき

不用なわき芽をそのまま放置して伸ばしてしまうと、株全体の生育が遅くなったり、葉が茂りすぎて風通しが悪くなって病気が発生しやすくなるなど、悪い影響が出ます。

そこで、不要なわき芽は小さいうちに摘みとってしまうのが基本です。

芽かき

ジャガイモなどでは、種芋から何本もの芽が発生します。そのまま生育させてしまうと、栽培密度が狭くなって芋が小さくなります。

大きな芋を収穫するために、芽を2~3本だけ残し、不要な芽はかきとります。

摘果

実が大きくなるメロンやスイカなどは、実の数を減らして残した実に養分を集中させます。

摘果しないと養分が分散して、すべての実が小さなものになってしまいます。

同様に、大玉トマトでは、形の悪い玉を取り除いて1房あたり4~5個に調整したり、トウモロコシでは、一番大きな雌穂を残してほかは取り除くなど、野菜によって摘果を行います。

切り戻し

病害虫に侵されたり、老化してしまった茎や葉を取り除き、新しい葉の生育を促す作業が切り戻しです。

例えばナスでは、7月下旬~8月上旬ごろ、株の1/3~1/2をばっさり切り戻して追肥を施します。この切り戻し作業を更新剪定といって、一か月ほどすると新しい枝が伸びて、秋には再び良質な実がとれるようになります。

野菜別の整枝

[大玉トマト]
大玉トマトはわき芽をすべて摘み取って1本仕立てにするのが一般的です。

[カボチャ]
本葉が7~8枚になったら、つるの先端を摘み取り、子づるの発生を促します。
子づるが伸びてきたら、生育のよい2本を残し、ほかの子づるはすべて取り除きます。

[スイカ]
本葉5~6枚になってつるが伸びはじめたころ、親づるの先端を摘み取ります。

[キュウリ]
下の方の子づるは込み合わないようにかき取り、その上の子づる、孫づるは本葉2枚を残して摘芯します。

ad

ad

-栽培の基本

執筆者:

関連記事

農薬を使わない病害虫の防除対策

プランターで野菜を育てていると、病気になったり、昆虫などが野菜を食べにきます。 毎日よく観察して、病気の兆候や害虫の痕跡を発見し、早めに対処することが大切です。 プランター菜園は株数が少ないので、農薬 …

no image

実もの野菜にはいろいろな作業が必要です

プランター菜園でも人気の大玉トマト、ミニトマト、ナス、ピーマン、キュウリなどの実がつく野菜は、成長するにしたがい、「支柱立て」「誘引」などの作業が必要になります。 また、大玉トマト、カボチャ、ミニメロ …

防虫ネットを被せて虫よけ

プランターで野菜を育てるうえで、害虫の発生は避けられません。 野菜の中には害虫の被害を受けやすいものも多く、白菜、キャベツ、小松菜、小カブ、チンゲンサイなどは、害虫のために収穫できなくなってしまうこと …

病気・害虫の防除対策

プランターで野菜を育てるうえで、病害虫防除は避けては通れない問題です。 虫に食べられて穴があいたり、病気にかかって傷んだ葉や実は、残念ながら元に戻ることはありません。 野菜を害虫の被害から守るためには …

no image

連作障害を知っていますか?

プランターの土を何回もそのまま使っていると、野菜がうまく育たなくなることがあります。 原因は、土の中に害虫や病原菌が増え、野菜の生育をさまたげているからです。 これを連作障害といって、病気にかかりやす …