プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

準備しよう

苗は丈夫なものを選ぼう

投稿日:2017年2月27日 更新日:

ナスの苗

多くの野菜は種から育てられますが、苗が入手できる野菜は苗から育てたほうが、種まきや育苗の手間を省けて楽です。

また、トマトやナス、ピーマンなどの夏野菜は、まだ寒い時期に種をまくため、種から育てるには温室やビニールトンネルなどで保温する必要があります。

プランター菜園では1~2株あればじゅうぶんなことが多いので、市販の苗を入手して植えます。

苗の植えつけの時期になると、ホームセンターや園芸店などで多くの苗が市販されます。

苗が出回る時期は限られているので、適期を確認してから購入しましょう。

苗から育てる野菜

ほとんどの野菜は種から育てられますが、葉物野菜のようにたくさん作る必要のないものは、苗を購入して育てたほうが効率的です。

とくに夏野菜の実もの野菜は、気温の低い時期から育てるので温室などの設備が必要で、育てるのに時間もかかるため、必要な株数を購入した方が手軽に楽しめます。

芋類も、株数が少ない場合は苗を購入して育てたほうが効率的です。

[実もの野菜]
キュウリ、トマト、ピーマン、ナスなどの実もの野菜は、苗をつくるのに手間と時間がかかり、失敗するリスクも高いため、苗を購入します。

[芋類]
ジャガイモやサツマイモなどの芋類は、育てる株数が少ないため、苗を購入した方が効率的です。

よい苗の見分け方

よい苗

一般的によい苗とは、適切な環境と管理のもとで育った健康な苗です。

具体的には節間(節と節の間隔)がほどよく詰まっていて葉や茎の色が濃く、がっちりした苗です。

日照不足でヒョロヒョロとしていて節間が長いものは避けましょう。

よい苗を選ぶことができれば、同じ手間をかけてもあとのできが大きく違います。

よい苗を選ぶことが第一です。

[よい苗]

  • 節間がほどよくしまっている
  • 茎が太く、しっかりしている
  • 葉に厚みがある
  • 葉の色が濃い
  • 子葉が残っている
  • 病斑がない

[悪い苗]

  • 節間が長い
  • 葉の色が悪い
  • 子葉がそろっていない
  • 穴から根が出ている
  • 幼い苗

ラベルもチェックしましょう

苗につけられているラベルには、作業適期や管理のコツなどの情報が書かれています。

苗を購入するときはそれらの情報をかならず確認しましょう。

苗の購入時期に注意しよう

苗は適期よりもかなり早い時期から出回ります。植えつけ適期前の小さな苗が売られている場合もあります。

早植えは失敗しやすいですから、買い急がず、遅霜の心配がなくなってから購入しましょう。

購入後の苗の取り扱い

購入した苗は、すぐにプランターに植えてもとくに問題ありません。

しかし、適期よりも早く購入した苗は、プランター全体をビニールで覆うなどして保温して育てます。

ad

ad

-準備しよう

執筆者:

関連記事

肥料の種類と特徴を知りましょう

限られた量の土で野菜を育てるプランター菜園では、土が乾きやすいためにひんぱんに水やりをすることもあり、栄養分が不足しがちになります。 おいしい野菜を収穫するためには、土の中のわずかな養分だけでは足りな …

プランターは大きめのものを選びましょう

ベランダや庭のあきスペースでプランター菜園をするとき、まず必要なのがプランターです。 ホームセンターや園芸店などの売り場に行くと、さまざまな大きさや形のプランターが並んでいて、どれを選んだらよいか迷っ …

プランターで野菜の育つ環境は?

野菜をプランターではじめて育てるとき、「どんな土を?肥料は?」など、道具をそろえることに関心が向きがちですが、そのほかにも野菜を育てるうえで大切なことがあります。 プランターで野菜を育てるには、日当た …

じょうずな種の選び方

栽培用の野菜の種は、ホームセンターや園芸店などで購入できます。 珍しい西洋野菜や伝統野菜などの種は、インターネットの通販で取り寄せることもできます。 種から育てれば、スーパーなどであまり見かけない珍し …

栽培プラン(計画)を考えましょう

「とりあえず、野菜を育ててみよう!」がよくある失敗のパターンです。 限られたスペースのプランター菜園を有効に利用するには、計画的なプランが必要で、きちんとステップを踏んでいくことがとっても大切です。 …