「春作」ジャガイモの「代表的・人気」な品種まとめ

スポンサーリンク

ジャガイモと言えば、男爵とメークインが代表的で有名な品種ですが、最近では「とうや」やキタアカリの人気が高まっています。その他にもたくさん人気の品種があり、食べ方や使う料理、栽培のしやすさや、収穫量など、それぞれで特徴が異なります。

また、品種によって休眠期間が異なり、長い品種は長く貯蔵できますが、秋作に適さないので、注意します。

ここでは、春作に適した品種で、料理に使用しやすく、栽培しやすい代表的な品種や、人気の品種をまとめました。

収穫後の利用方法や、品種の栽培の特長を良く確認してから、好みに合わせて品種を選んでください。

とうや

人気が高まりつつある「とうや」。黄色いきめの細かい肉質で、男爵のようなホクホク感があることから、黄爵(こうしゃく)とも呼ばれます。デンプン質がやや低いですが、芽はやや浅くて少なく、ほのかな甘さが特徴で、滑らかな食感を楽しめます。煮崩れしないので、煮物や炒め物に最適です。

生育特性は男爵に似ていて、生育の早い早生種です。芋の肥大が早く、丸くて大粒の多収品種で、休眠期間は中程度です。粒の揃いと収穫量は男爵に勝ります。


楽天:種芋 とうや

メークイン

男爵と並んで日本を代表する品種です。長い楕円形で芽が浅いのが特徴で、肉質はきめ細かくて舌触りが良く、煮崩れしないので、煮物や炒め物に向いています。

生育は中程度の中生種です。収穫量は男爵よりやや多く、休眠期間は中程度です。収穫量は男爵にやや勝ります。


楽天:種芋 メークイン

キタアカリ

黄色い肉色やホクホクした食感、甘みがあることから「栗じゃがいも」や「栗じゃが」などと呼ばれるキタアカリ。男爵を母としていることから「黄金男爵」と呼ばれることもあります。

キタアカリは煮上がるのが早いので、粉ふきいもやポテトサラダに最適です。ただし、煮崩れしやすいので、煮物や炒め物には向きません。

生育は男爵に似ていて、生育が早く(早生種)、収穫量は男爵にやや勝ります。


楽天:種芋 キタアカリ

男爵

日本で最も多く栽培されている品種です。メークインよりもデンプンが多く、ホクホクしているのが特徴で、粉ふきいもやポテトサラダに最適です。

しかし、芋の形状がごつごつしているので皮がむきにくく、芽が深いのでとりにくいです。また、煮崩れしやすいので、煮物や炒め物に向きません。

生育の早い早生種です。栽培の適応性も広く、休眠期間はやや長めで、家庭菜園でも人気です。


楽天:種芋 男爵

インカのめざめ

濃い黄色の肉色で、舌触りが良く、栗のような風味と甘さで人気です。生育は極早生種ですが、小粒で収穫量は少なめ、休眠期間が短いので、長期貯蔵に向きません。


楽天:種芋 インカのめざめ

スポンサーリンク