家庭菜園日記 -東京の畑-

家庭菜園が大好きなサラリーマンです。夢だった広い畑をお借りして、手探りながらも、どうにかこうにか野菜の栽培を楽しんでいます。

使用レポ

家庭菜園用に「農業用長靴 隼人」を買ってみました(使用レポ)

更新日:

畑での家庭菜園用の長靴にと、「ATOM 農業用長靴 隼人」を買ってみました。やはり専用のものはいいですね。

農業用の長靴「隼人」を購入しました

畑での家庭菜園に、ホームセンター買った一般的な長靴を履いてました。わりといい値段するし、それなのにすぐに穴があくし、重いし、履き口から土がじゃんじゃん入るしで困ってましたので、買い替えるにあたって、農業用の長靴はどんなものかと調べてみました。

Amazonの通販で農業用の長靴の「隼人」を見つけまして、詳細を見てみると、やはり一般的な長靴と違って、足にフィットすること、履き口のベルトで締められるから土が入いらないこと、裏地の吸汗素材でムレにくことなど、畑での履き心地は抜群のようです。


Amazon:ATOM 農業用長靴 隼人 26㎝ 2500

買って畑で履いてみました

農業用長靴 隼人

雨が降っていて畑がぬかるんでますが、むしろ「ATOM 農業用長靴 隼人」を試すにはちょうどいいかと、履いて農作業をしてみました。

履いて、履き口のベルトで締めて、ぬかるんだ畑で耕して野菜の苗を植え付けます。

農業用長靴 隼人を履いて農作業をした後

備中グワを使って耕して、クワを使って溝を作ったりしましたが、靴の中に土が入るような悲惨なことにはなりませんでした。さすがです。

長靴の中の暑さはちょっと気になりましたが、作業した日は雨が降っていて気温も低かったので、長靴の中がムレまくることはありませんでした。でも、なかなかの暑さでした。まあ、それは一般的な長靴でも同じだと思います。むしろ、裏地の吸汗素材でムレが軽減されていたのかもしれません。

靴の中に土が入らないのがポイントが高いです。Amazonのレビューに、ほぼ毎日使用している方が2年は使用できると書かれているので、耐久性もあるようです。

一般的長靴と比べると価格がちょっと高めですが、これを買って良かったです。

広告

広告

-使用レポ

Copyright© 家庭菜園日記 -東京の畑- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.