プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

栽培の基本

あまった種はじょうずに保存して翌年も使おう

投稿日:2017年2月27日 更新日:

プランターで野菜を育てるには少量の種があれば足りるので、1袋購入すると使いきれずにあまってしまいます。

あまった種は、乾燥状態を保てばまた来年もまた使用することができますので、捨てずに保存しましょう。

種の寿命

種の寿命は、野菜の種類によって異なります。

また、寿命の長さは、保存する場所の温度と湿度の影響を受けます。

温度と湿度ともに低いほうが寿命は長くなります。

[1年]
ネギ、タマネギ、人参、落花生など。

[2年]
キャベツ、レタス、トウガラシ、エンドウ、インゲン、ソラマメ、枝豆、ゴボウ、ホウレンソウ、小松菜、トウモロコシなど。

[3~4年]
大根、カブ、白菜、キュウリ、カボチャ、ラディッシュなど。

[5年]
ナス、トマト、スイカなど。

種の保存方法

種袋ごと日にあててよく乾燥させ、のりやお茶の空き缶や封筒に乾燥剤とともに入れます。テープできっちり封をして密閉し、涼しい場所や、冷蔵庫の中で保存します。

また、容器を開けると発芽率が低下するので、種まきの日まで取りださないように気をつけます。

種を使用するときは、種をまく直前に取出し、そのときに乾燥剤も取り替えておきましょう。

ad

ad

-栽培の基本

執筆者:

関連記事

no image

整枝して枝葉を整えよう

プランターで野菜を育てるには、狭いスペースで栽培するため、支柱やネットへの「誘引(ゆういん)」、わき芽を小さいうちに摘みとる「わき芽かき」、種子の先端を摘みとる「摘心(てきしん)」などの整枝(せいし) …

たくさん発芽させて間引きをしよう

種から育てる場合は、種を必要な株数よりも多めにまき、余分に育てておいた株を抜いて減らします。 この作業を間引きといって、収穫するまでに成長に合わせて何回かに分けて行い、風通しをよくしたり選んで残した株 …

防虫ネットを被せて虫よけ

プランターで野菜を育てるうえで、害虫の発生は避けられません。 野菜の中には害虫の被害を受けやすいものも多く、白菜、キャベツ、小松菜、小カブ、チンゲンサイなどは、害虫のために収穫できなくなってしまうこと …

病気・害虫の防除対策

プランターで野菜を育てるうえで、病害虫防除は避けては通れない問題です。 虫に食べられて穴があいたり、病気にかかって傷んだ葉や実は、残念ながら元に戻ることはありません。 野菜を害虫の被害から守るためには …

いよいよ収穫です!

収穫は、栽培過程の中でもっとも達成感のあるときです。 プランター菜園では、食べごろを待って収穫できるので、とりたての新鮮な野菜をおいしく食べられるのが魅力です。 例えばトマトは、赤く完熟してから収穫す …