プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

夏場の乾燥対策あの手この手

投稿日:

キュウリや里芋などは水を好み、夏場の乾燥を苦手とします。

水を好む野菜でなくても、プランターは土の量が限られるため乾燥しやすく、土が乾きすぎると野菜の生育に悪影響をもたらします。

夏場の乾燥時期は朝と夕方に水やりをするとして、加えて乾燥を防止する方法をご紹介します。

マルチをしよう

ワラマルチ

ワラや新聞紙などを土の表面に敷くことをマルチ、またはマルチングといいます。

土の表面がカバーされ、直射日光があたらず、土を渇きにくくする効果があります。

ワラはホームセンターや園芸店で入手可能です。

日陰に移動しよう

夏場のコンクリートでの野菜の栽培は、コンクリートが直射日光で熱せられ気温がとても高くなり、野菜にとっては過酷な環境です。

プランターは移動できるのがメリットです。

夏場の気温の高い時間帯は、プランターを日陰に移動したり、直射日光を遮る遮光ネットで日陰を作るとよいでしょう。

自動潅水装置を利用しよう

1~2日間不在にするときは、ペットボトルを使った自動潅水装置が便利です。

ペットボトル用のノズル(潅水器)は100均ショップなどで手に入ります。

ad

ad

-困ったとき

Copyright© プランターで野菜をつくってみよう! , 2020 All Rights Reserved.