家庭菜園日記 -東京の畑-

家庭菜園が大好きなサラリーマンです。夢だった広い畑をお借りして、手探りながらも、どうにかこうにか野菜の栽培を楽しんでいます。

みんなで作ろう! おうち野菜

おうち野菜の「コンシェルジュサポート」は「電話で相談」もできる

更新日:

みんなで作ろう! おうち野菜

ouchi2

おうち野菜の育て方についてのお悩み・ご質問はサカタのタネのおうち野菜コンシェルジュがお答えします。
※おうち野菜の栽培上の質問に限ります。

サカタのタネ おうち野菜 コンシェルジュサポート

とのことです。なんだかすごいですね。フォーラムが用意されていたり、お店にメールすれば質問に答えてくれたりしますが、専属のコンシェルジュが対応してくれるというのは初めてです。

でも、野菜コンシェルジュって一体・・・。

「コンシェルジュ」で調べてみると、「アパートなどの管理人」の意味のようで、「お客様の総合的なお世話をする、対応をする」という意味でも使われるようです。

ようは、「おうち野菜ブランドの商品を対象に、育て方や悩みにサカタのタネさんのアドバイザーが答えてくれる」というサービスのようです。

すごいのが、フォーム(メール)で答えてくれるのはもちろんのこと、電話対応もしてくれるそうです。フォーラムやメールなどは分かりますが、電話で対応してくれるというのは初めてです。

私は仕事柄フォームに入力するのは苦ではないですが、入力するのが苦な方はたくさんいらっしゃいますよね。面倒だな...。そう思ったらなかなか質問できないですよね。

でも、どこのお店でも買った後に電話をすれば教えてくれるでしょ?と思わなくもないです。たしかにお店で苗や種を買った時に質問をさせてもらったことがあります。しかし、店員によっては回答すらできなかったり、曖昧な回答しかできない場合がありました。もちろんしっかり教えてくださる店員も中にはいますが、私の経験からして稀でした。

サカタのタネのおうち野菜コンシェルジュサポートは、質問がくることに備えて対応にあたるでしょうから、アドバイザーの知識に期待できますし、質問・回答がデータベース化(蓄積)されて、回答の質がどんどん上がっていくことと思われます。

私がモニターに当選したように、今はまだ試行錯誤の段階だと思われますが、面白い試みですし、今後が楽しみなサービスです。

ただし、誰でも利用できるわけではなく、「おうち野菜ブランド商品」に限るとあります。

家庭菜園の初心者さんは、まずは「おうち野菜ブランド商品」を購入してコンシェルジュサポートを受けながら育ててみて、野菜を育てる自信が付いてきたら一般的な種や苗を買う、そういった利用方法が適しているのかな、と私は思います。

おうち野菜 コンシェルジュサポートがどういったものなのかは分かりました。次は、実際に利用してみてレポしてみたいと思います。

現在のおうち野菜のラインアップはこちらから分かります。

広告

広告

-みんなで作ろう! おうち野菜

Copyright© 家庭菜園日記 -東京の畑- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.