有機・無農薬で野菜をつくってみよう

農薬や化成肥料に頼らない有機栽培が注目されています。

液肥の作り方

更新日:

有機栽培では、堆肥を基本にして、追肥はあまり行わないのが理想的ですが、栽培期間が長いものや、生育が遅れているものなどは、追肥をして肥料分を補う必要があります。

追肥には、ボカシ肥料を利用するか、液肥を用いるとよいでしょう。

すぐに効果が表れる速効性の肥料として液肥があります。

ここでは簡単にできる油かす液肥の作り方を紹介します。

[関連記事]
ボカシ肥料の作り方

手順1

1.5Lのペットボトルに油かすと、その10倍の量の水を入れ、キャップをします。

ペットボトルは炭酸飲料のものを使用します。

キャップはゆるめておきます。

手順2

日陰に置き、そのまま1か月ほど放置し、醗酵して水が茶色くなったらできあがりです。

醗酵しているので、キャップを開ける際は吹き出すことがあるので注意します。

[使い方]

上澄み液をすくって水で200~500倍に薄め、ジョウロなどで野菜の株元に与えます。

濃度は野菜の様子を見ながら調整します。

-基礎知識

Copyright© 有機・無農薬で野菜をつくってみよう , 2019 All Rights Reserved.