かんたん袋栽培!培養土袋で野菜を作ってみよう

袋栽培は、培養土袋で野菜を育てる方法で、比較的手軽に簡単に挑戦できる栽培方法です。小さなスペースでも、さまざまな野菜を育てることができます。

【袋栽培】培養土袋でジャガイモを作ってみよう

投稿日:

ジャガイモ

ジャガイモは培養土の袋でも育てることができます。

培養土の袋で育てる袋栽培は、移動も容易なので、ベランダや庭に置いて育てて、子供と一緒に芋掘りを楽しむこともできます。

ここでは、培養土袋を使ったジャガイモの育て方をご紹介します。

[関連記事]
ジャガイモの育て方(畑)
プランターでジャガイモを育てよう

栽培カレンダー

ジャガイモの栽培時期

ジャガイモは春と秋に育てることができます。

育てやすい品種

春作に向く品種と、秋作に適した品種がありますので、事前に確認してください。

[男爵](春作に適した品種)
日本で最も多く栽培されている品種です。
ホクホクしているのが特徴で、粉ふきいもやポテトサラダに最適です。

[とうや](春作に適した品種)
人気が高まりつつある品種です。
煮物や炒め物に適しています。

[キタアカリ](春作に適した品種)
煮上がるのが早いので、粉ふきいもやポテトサラダに最適です。

[メークイン](春作に適した品種)
長い楕円形で芽が浅いのが特徴です。
煮崩れしなにくいので、煮物や炒め物に向いています。

[デジマ](秋作に適した品種)
暖地で定番の品種です。
粉ふきいもやポテトサラダなどに向いています。

1 培養土と種芋を準備

培養土や種芋は、ホームセンターや園芸店などで購入できます。

培養土

培養土の大きさは40L、「元肥(肥料)入り」の培養土を購入してください。

種芋

ホームセンターや園芸店などで種芋と呼ばれる栽培用の芋を購入してください。

2 植えつけ

袋に穴をあける

袋の中に水がたまらないようにするために、袋の辺の左右の角(地面に接する方の角)を5~10cmの二等辺三角形を作るようにハサミで切ります。

さらに、袋の下から20cmくらいのところに、ドライバーや割りばしで20~30か所ほど穴をあけます。

種芋を植える

種芋を2個植えます。

15~20cmの深さに植えます(通常より少し深めです)。

種芋を植えたところ

植え付け後、水をたっぷりとやります。

3 水やり

土の表面が乾いている場合は水をたっぷり与えます。

土が乾かないうちに頻繁に水やりを行うと、多湿になり、病気が出たり、芋が腐ったりするので注意します。

4 芽かき

1つの芋から複数の茎が伸びますが、すべてを育てると芋が大きくならないため、太い茎を1株3~4本残して、不要な茎を抜き取ります。

芽が出て10~15cm程度になったら、残す芽の株元をしっかり押さえ、不要な芽を抜き取ります。

芽かき前

芽かき後

5 追肥(肥料)

追肥時期のジャガイモ

ジャガイモは多肥を嫌い、肥料が多いと地上部ばかりが育って芋が付きにくくなります。

蕾がついて芋が太りはじめるころ、葉の色が薄く肥料が切れているようでしたら、肥料を施します。

化成肥料をばらまき、軽く土と混ぜます。

肥料は、「住友化学園芸 マイガーデンベジフル」が使いやすくておすすめです。

6 害虫や病気対策

テントウムシダマシ(ニジュウヤホシテントウ)

害虫のテントウムシダマシ(ニジュウヤホシテントウ)は葉を食い荒らすので、葉の表や裏をよく観察して、見つけたらすぐに駆除します。

7 収穫

収穫時期のジャガイモ

地上部が1/3ほど黄色く枯れたら収穫できます。

天気のよい日に、株元を持って引き抜いた後、芋を掘り出します。

収穫したジャガイモ

収穫した芋は、貯蔵性を高めるために、土を落として日陰で半日ほど乾かします。

ad

ad

-袋栽培での野菜の育て方

Copyright© かんたん袋栽培!培養土袋で野菜を作ってみよう , 2021 All Rights Reserved.