かんたん袋栽培!培養土袋で野菜を作ってみよう

袋栽培は、培養土袋で野菜を育てる方法で、比較的手軽に簡単に挑戦できる栽培方法です。小さなスペースでも、さまざまな野菜を育てることができます。

【袋栽培】培養土袋でゴボウを作ってみよう

投稿日:

ゴボウ

ゴボウは、病害虫の被害の少ない野菜で、種まき時期に種をまけば、初心者でも収穫の喜びを味わうことができます。

ただし、問題となるのはその根の長さで、根の長さが70~80cmにもなってしまい、深さのないプランターなどでは育てることができません。

しかも、栽培期間も長いです。

そこで、ミニゴボウ(短根)の品種を選び、深さの確保できる培養土の袋を使用して育てます。

ミニゴボウは根も栽培期間も短く、容易に育てることができます。

栽培カレンダー

ゴボウの栽培時期

育てやすい品種

ミニゴボウ(短根)の品種が育てやすくておすすめです。

[サラダむすめ]
根の長さが35~45cm程度の短根のゴボウです。
種まきから100日程度で収穫できます。

[うまいごぼう]
根の長さが35~40cm程度の短根のゴボウです。
種まきから90~100日程度で収穫できます。

1 培養土と種を準備

培養土や種は、ホームセンターや園芸店などで購入できます。

培養土

培養土の大きさは40L、「元肥(肥料)入り」の培養土を購入してください。

ゴボウの種

ホームセンターや園芸店などでミニゴボウ(短根)の種を購入してください。

2 種まき

袋に穴をあける

袋の中に水がたまらないようにするために、袋の辺の左右の角(地面に接する方の角)を5~10cmの二等辺三角形を作るようにハサミで切ります。

さらに、袋の下から20cmくらいのところに、ドライバーや割りばしで20~30か所ほど穴をあけます。

ゴボウの種まき

3列、10cm間隔で2~3粒ずつ種をまきます。

種は光が当たると発芽するという性質があるため、深く埋めないように注意します。

種まき後、水をたっぷりとやります。

種まき後のゴボウ

3 水やり

発芽まで1~2週間かかりますが、その間土を乾かさないように水やりを行います。

以降は、土の表面が乾いている場合は水をたっぷり与えます。

4 間引き

間引き後のゴボウ

本葉が2~3枚になったら、1か所1本に間引きます。

5 追肥(肥料)

間引きの後、化成肥料を株から少し離してまき、肥料を軽く土に混ぜます。

肥料は、「住友化学園芸 マイガーデンベジフル」が使いやすくておすすめです。

6 害虫や病気対策

ゴボウは病害虫の少ない野菜ですが、害虫ではアブラムシ、病気ではうどん粉病が発生することがあります。

アブラムシは、葉の裏側に多く発生しますので、よく観察して、見つけたらすぐに駆除します。

うどん粉病は、葉や茎に白い粉をまぶしたような病気で、被害のひどい葉は取り除きます。

7 収穫

収穫時期のゴボウ

ミニゴボウは種まきから70~100日くらいで収穫できます。

株元の土を少しどけて根を確認し、太さが1.5~2cmくらいになっていたら収穫します。

株元をしっかり持ってまっすぐ上に引き抜いて収穫します。

または、袋を破いて土をどかして収穫します。

収穫したゴボウ

収穫が遅れるとスが入りますので、収穫適期になったら早めに収穫しましょう。

ad

ad

-袋栽培での野菜の育て方

Copyright© かんたん袋栽培!培養土袋で野菜を作ってみよう , 2021 All Rights Reserved.