かんたん袋栽培!培養土袋で野菜を作ってみよう

袋栽培は、培養土袋で野菜を育てる方法で、比較的手軽に簡単に挑戦できる栽培方法です。小さなスペースでも、さまざまな野菜を育てることができます。

【袋栽培】培養土袋で大根を作ってみよう

投稿日:

大根

大根は根が土の中に長く伸びるため、深さのある培養土袋で育てるのに適しています。

収穫したときの大きさと重みに感動すること間違いなしです。

とれたての新鮮な味もぜひ楽しんでみてください。

ここでは、培養土袋での大根の育て方をご紹介します。

[関連記事]
プランターでミニ大根を育てよう
ミニ大根の育て方とコツ(畑)
大根の育て方とコツ(畑)

栽培カレンダー

大根の栽培時期

育てやすい品種

青首大根が育てやすくておすすめです。

[耐病総太り]
ロングセラーの青首大根。
作りやすく、肌は白くてツヤがあり、おいしい大根です。

1 培養土と種を準備

培養土や種は、ホームセンターや園芸店などで購入できます。

培養土

培養土の大きさは40L、「元肥(肥料)入り」の培養土を購入してください。

大根の種

ホームセンターや園芸店などで大根の種を購入してください。

2 種まき

袋に穴をあける

袋の中に水がたまらないようにするために、袋の辺の左右の角(地面に接する方の角)を5~10cmの二等辺三角形を作るようにハサミで切ります。

さらに、袋の下から20cmくらいのところに、ドライバーや割りばしで20~30か所ほど穴をあけます。

大根の種まき

20cm間隔をあけて2か所に3~4粒ずつ、指で深さ1cm程度の窪みをつくって種をまき、土を被せて手で軽く押さえます。

種まきの後、水をたっぷりとやります。

3 防虫ネットで覆う

大根は害虫の芋虫が付きやすいため、種をまいたらすぐに防虫ネットで覆います。

防虫ネット

これらの資材(防虫ネット、U字支柱、麻ひもなど)はホームセンターや園芸店などで購入できます。

4 水やり

土の表面が乾いている場合は水をたっぷり与えます。

水やりのときはたっぷり与えますが、必要以上に水やりをしないように注意します。

5 間引き

1回目の間引き

本葉1枚までに1か所2本に間引きます。

2回目の間引き

本葉4~5枚までに1か所1本に間引きます。

6 追肥(肥料)

追肥

間引きの後、化成肥料を株から少し離してまき、肥料を軽く土に混ぜます。

肥料は、「住友化学園芸 マイガーデンベジフル」が使いやすくておすすめです。

以降は、20日置きに追肥します。

7 防虫ネットを外す

防虫ネットを外す

生育が旺盛になり防虫ネットの中が窮屈になってきたら、防虫ネットを外します。

防虫ネットを外すと芋虫などの害虫が発生しますので、よく観察して、見つけたら早めに駆除します。

8 収穫

収穫時期の大根

根がじゅうぶんに太ったら、両手で引き抜いて収穫します。

収穫した大根

収穫が遅れて大きくなりすぎると根の中心にす(空洞)が入りやすくなるので、大きくなったら早めに収穫しましょう。

ad

ad

-袋栽培での野菜の育て方

Copyright© かんたん袋栽培!培養土袋で野菜を作ってみよう , 2021 All Rights Reserved.