ミントの育て方・使い方

更新日:

ミント

さわやかな清涼感のある香りが魅力のミント。

ミントにはたくさんの種類があり、ハーブティーとして広く流通しているのはペパーミントです。

ティーをはじめ、料理やデザートの香り付けにも活躍します。

におい消し、殺菌、防腐、鎮痛などの作用があるとされ、アロマや化粧品などにも利用されています。

鼻に抜けるすっきりとした香りの正体はメントールという成分で、頭痛を改善したり、眠気がなくなるなどの効果があります。

いろいろなハーブとも相性がよく、ハーブをブレンドするさいに重宝します。

ミントの種類

ミントの種類は非常に多く、含まれる成分や香りが種によって異なります。

[ペパーミント]
ミントの中でも最もなじみのある品種です。
刺激的な強い香りが特徴です。

[スペアミント]
甘みの強いすがすがしい香りがします。
白色の花を長い穂状につけます。

[オレンジミント]
オレンジのような香りがあります。
葉に光沢があるのが特徴です。

[クールミント]
清涼感のある香りが特徴で、ガムや歯磨き粉にも使われるミントです。
葉の縁にのこぎり状の切れ込みが入ります。

[アップルミント]
茎葉には綿毛が生え、葉は丸みを帯びています。
リンゴのような甘い香りがします。

[パイナップルミント]
葉の周囲にクリーム色のきれいな斑が入り、軟毛が生える美しいミントです。
パイナップルのような甘い香りがします。

ミントの育て方

ミントは生育が旺盛で、育てるのは簡単です。

日当たりのよい場所と、水はけがよく保水性のよい土壌を好みます。

ハーブの中でもとくに繁殖力が強く、地下茎からどんどん新しい茎が出てくるため、ほかの植物の邪魔になるほど増えていきます。

ミントの仲間は交雑しやすいので、違う種類のものは近くに植えないようにします。

基本データ

科名
シソ科・ハッカ属
種類
多年草
難易度
ふつう
育てる場所
日の当たる場所~半日陰
草丈
20~80cm
増やし方
株分け、挿し木

栽培カレンダー

ミントの栽培カレンダー

育て方のポイント

  • 交雑しやすいので違う種類のものは近くに植えない
  • 追肥は生育に応じて少量与える
  • 花穂は早めに摘みとる

種から育てる

ポットに培養土を入れて、指で3~4か所軽く窪みをつけ、1粒ずつ種をまきます。

培養土を軽く被せて軽く押さえ、ジョウロでたっぷりと水をやります。

葉が5枚以上出たら植えつけます。

苗から育てる

ミントは丈夫なのでどんな苗でも育ちます。

芽がたくさんあり大きいものを選びましょう。

根鉢を崩さないように取り出し、根鉢と同じ大きさの穴を掘って植えつけます。

苗を植えつけた後、たっぷりと水やりをします。

追肥

肥料を与えすぎると香りが弱まりますが、養分が不足すると株が弱り葉が小さくなります。

生育が旺盛なので、生長に応じて少量の肥料を与えます。

収穫

利用するたびに先端の芽を摘んで収穫します。

花が咲くと葉や茎がかたくなるので、葉や茎が利用場合は早めに摘み取ります。

増やし方

挿し木や株分けで簡単に増やすことができます。

[挿し木で増やす]
10cm程度に切った茎を水にさしておきます。
1~2週間で根が出ます。
根が出たら、土に移せばそのまま育てられます。

[株分け]
5cmくらい根があればすぐに根がつきます。

冬越し

ミントは寒さにとても強く、冬越しができるハーブです。

冬になると地上部が枯れますが、翌春になると芽を出します。

ミントのプランター(コンテナ)での育て方

プランターの底に鉢底石を約2cm並べ、培養土をプランターの深さの8分めまで入れて平らにならします。

15cm程度の間隔をあけて苗を植えます。

苗を植えつけて一月したら、生育に応じて少量の追肥を与えます。

伸びたところから切り取って収穫します。

ミントの楽しみ方

摘んできた葉に熱湯を注ぐだけでミントティーを楽しめます。

枝ごとお風呂に浮かべて香りを楽しむのもいいでしょう。

たくさん収穫できたら、束ねて吊るしてドライハーブにしましょう。

ティーで楽しむ

摘んできたフレッシュなミントの葉に熱湯を注ぐだけです。

気分がさわやかになり、リラックスできます。

生の葉は高い香りを楽しむことができますが、葉の青臭さが気になるようなら、乾燥させてから使いましょう。

[ミントティーの作り方]
軽く水洗いした生の葉茎を3~5cmくらいに切ってティーポットに入れ、熱いお湯を注いで2~3分待ちます。

ビネガーで楽しむ

ミントのさわやかな風味が楽しめます。

[ミントビネガーの作り方]
ガラス製か陶製の密閉できるビンを使用します。
熱湯消毒して、よく乾かします。
ミントを適量洗って水けを切り、ビンに入れ、酢を注ぎ入れます。
フタをして冷暗所に置き、毎日1~2回ビンを振ってかき混ぜ、3週間以上熟成させます。

入浴剤で楽しむ

そのまま枝を浮かべるか、枝を束ねて浴槽に入れます。

さっぱりとした香りが楽しめ、心も体もリフレッシュします。

-ハーブ別の育て方・楽しみ方
-, , ,

Copyright© ハーブの育て方と楽しみ方 , 2020 All Rights Reserved.