知っておきたい野菜の栄養・効能

野菜の栄養や効能について詳しく解説します。

オクラの特徴

更新日:

オクラ

刻むと独特のネバネバが出るオクラ。

原産地はアフリカ東北部で、「オクラ」の名も現地語に由来しています。

エジプトでは2千年前に栽培されていた記録があるそうです。

日本には江戸時代末期にアメリカ人によってもたらされましたが、その個性から普及しませんでした。

日本で野菜として本格的に栽培されるようになったのは、1970年代になってからです。

普及し始めたころは気温が高い地域で栽培されていましたが、現在は全国的に栽培されています。

ハウス栽培もされているため、一年を通して流通していますが、旬は夏の7~9月です。

ハイビスカスと同じアオイ科で、同じような美しい黄色い花を朝に咲かせますが、昼にはしぼんでしまいます。

果実の長さ6~10cmの若いサヤを食用とし、輪切りにしたときに5角形になるものが主流です。

完熟したオクラの種がコーヒー豆に似ていることから、昔のイギリスやフランスではコーヒー豆の代わりとして栽培されていたこともあり、日本でも戦時中にコーヒーの代用品にしていました。

サヤがすらりとしていて美しいことから、アメリカではレディースフィンガーと呼ばれています。

オクラの特徴であるネバネバのもととなっているのは、ペクチンやムチンなどの成分です。

ペクチンは、水溶性食物繊維の一つで、血液中のコレステロール値を下げる働きや血糖値の上昇を抑える働きがあります。

ムチンは、複合タンパク質で、胃の粘膜を保護したり、タンパク質の消化を促進して整腸といった働きがあります。

オクラは生でも食べられますが、ゆがくことで青臭さが抜けて、口当たりもよくなります。

ad




ad




-実を食べる野菜
-,

Copyright© 知っておきたい野菜の栄養・効能 , 2020 All Rights Reserved.