失敗しないための野菜の種の選び方・基準

スポンサーリンク

たくさんの品種の種

様々なメーカーから多数の品種の種が出ています。品種ごとに良い特徴があり、どの品種が絶対的に一番良いということはありません。また、季節によって品種を変えることもあります。

園芸店やホームセンターには多くの品種の種が並んでいるけれど、どれを買えば良いだろうか?

結論から言いますと、野菜は適期に種まきすれば大抵はなんでも育ちますから、まずはなんでも大丈夫です。

ただし、場所や地域によって適する品種は違ってきます。また、野菜を育てる目的、野菜をどう育てたいかによっても、適する品種は違ってきます。

以上のような点を踏まえて、野菜の種の選び方について解説します。

場所や地域に適した品種を選ぼう

通販で購入した種

野菜の種は安値でたくさんの種類が販売されており、品種ごとに良い特徴があります。

では、どのような基準で品種を選べば良いのだろうか?

それは、場所や地域に適した品種かどうかです。なぜなら、場所や地域に合わない品種を選んでも、効率は悪いですし、うまくは育ちません。せっかく長い時間をかけて野菜を育てるわけですから、やはり最適な品種を選ぶべきです。

そうは言っても、品種の特性を知らないことには、場所や地域に適した品種を選べないものです。

そのために、カタログやネットで調べることはもちろん、周りでうまく育ててる方に品種を聞いてみたり、一年目は「おすすめ」や「育てやすい」と書かれている品種を育ててみるのもひとつの方法です。

知っておきたい品種の特徴

野菜の品種によっては次のような特徴があります。場所や地域に適した品種を選ぶことが大切です。

[早晩生]

作物の栽培期間の長短を基準とした性質で、早生、中生、晩生に分類され、それぞれに特徴があります。
詳しくはこちらのページにて解説してます。
> 早どりができる早生とは?知っておきたい品種の性質

[暑さや寒さに強い]

例えば、ホウレンソウの品種のトライの説明に「低温伸長性にすぐれ、低温期の栽培に適する冬どり本命種」とあります。このように、暑さや寒さに強い品種があります。時期によっては、暑さや寒さに強い品種を選ぶことで、効率良く野菜を育てることができます。

[とう立ちしにくい]

葉や根を食べる野菜は、春の気温の上昇や日長で茎が伸びて蕾ができ、やがて花を咲かせます。これを「とう立ち」といいます。とう立ちすると、葉を食べる野菜は葉や茎が硬くなってしまい、根を食べる野菜はスが入ってしまいます。とう立ちの心配のある野菜を春に栽培するのであれば、とう立ちのしにくい品種を選びます。
※絶対にとう立ちしない品種はありません。

[病気に強い(耐病性)]

例えば、コカブの品種の「CRもちばな」の説明に「根こぶ病に強く、夏バテ知らずの良質小カブ!」とあります。このように、病気に強くなるように改良された品種もあります。もし、病気の発生しやすい場所でしたら、耐病性のある品種を選びます。

余った種は翌年に使っていい?

ソラマメの種まき

家庭菜園では、ほとんどの種がシーズン中に使いきれずに余ってしまいます。種は何年経っても使えそうなイメージがありますが、本来どれくらいの寿命があるのだろうか?

野菜によっては短命で、翌年には使えないものもあります!

種の寿命は、短いものでは1年から2年、長いものでは4年以上になります。また、うまく保存できれば、さらに寿命を延ばすことができます。

余った種で寿命が長いものは保存しておいて、翌年、翌翌年に使用することができます。

しかし、保存期間が長くなるほどに発芽率は悪くなります。また、芽が出てもその後の成長に影響すると言われています。

そのことから、野菜の種の保存期間を目安に種を更新することが大切です。

1年から2年
ゴボウ、シソ、タマネギ、ニンジン、ネギ、ミツバ、ラッカセイ
2年から3年
インゲン、エダマメ、エンドウ、カブ、キャベツ、ソラマメ、ダイコン、トウモロコシ、ハクサイ、ホウレンソウ、レタス

ペレット種子ってどんな種?

ペレット種子

ペレット種子とは、種子を中心に、天然素材を中心とした粉で球状に成形された種子です。粒が大きくてまきやすく、発芽が揃いやすいという特徴があります。

スポンサーリンク