トウモロコシの実が歯抜け状態にならないための人工授粉

スポンサーリンク

トウモロコシの雄穂

トウモロコシは、雌穂(しすい)(実になる穂)の錦糸が出る直前に、茎の先端にススキの穂のように雄穂(ゆうすい)が開き、ここから出る大量の花粉が風などで雌穂の錦糸に降り注ぎ、自然に交配します。

しかし、家庭菜園では栽培する株数が少ないので、受粉が完全にいかず、粒がそろわなくて歯抜けの実になってしまうことがあります。

そこで、受粉を確実なものとするために、人工授粉をして受粉の確率を高くします。

人工授粉の方法は、雄穂と雌穂が開花したら、雌穂を揺すって花粉が雄穂にかかるように飛ばします。さらに、雄穂を切り取り、雌穂の錦糸に花粉をつけます。

また、トウモロコシは株数が多いほどうまく受粉しますので、多くの株を集団(1列よりも2列)で植えたほうが、受粉の機会が増えます。

スポンサーリンク