トマトの花が咲いたら、トマトトーンや振動受粉で確実に着果させよう

スポンサーリンク

ふつう、トマトの受粉は自然に行われますが、生育の初期の気温が低い時期や、高温の時期には、花が咲いてもしばらくすると落下してしまいます。また、一段目、二段目は株にまだ力がなく、低温や肥料不足で花が落ちてしまうことがよくあります。

肥料の吸収力の強いトマトは、前作の残肥を考えて元肥を控えめにしても、木ボケ気味になることがあります。木ボケすると、花が咲いても落ちてしまい、実がつかなくなります。

木ボケや肥料不足の状態で確実に着果させるには、トマトトーンによるホルモン処理や、振動受粉を行うと効果的です。

トマトトーンはホームセンターなどで売られており、簡単に手に入ります。房の3分の2以上の花が咲いたら、ビニール手袋をした手で、若い芽や蕾にかからないように注意し、トマトトーンを1回だけ噴射し、使用したことを忘れないように印をしておきます。

蕾にトマトトーンがかかると、空洞果といって、果肉の部分とゼリー状の部分に隙間ができてしまいます。また、新芽にかかると、葉が縮んでしまって成長が止まってしまいます。咲いた花にだけにトマトトーンがかかるように注意してください。

振動受粉は、支柱を軽く叩いて株を振動させ、花粉を飛散させて受粉を促してやります。


Amazon:住友化学園芸 トマトトーンスプレー 420ml

スポンサーリンク