トマトの摘心(芯止め)は、普通は5~7段くらいでする、腕試しならしない

スポンサーリンク

トマトは背丈が高くなり、次々と実を付け、生育に多くの栄養を必要とすることから、後半の実がたわわになる時期には生育に栄養の供給が追い付かなくなり、花が落ちてしまったり、良い実がとれなくなったりします。

そこで、花房が5~7段までついたら、その上のところで2枚の葉を残して芯を摘んで成長を止め、栄養分を実の充実に使われるようにしてやることで、良い大きい実がとれます。

しかし、中盤から追肥をやや過剰気味に施して育てることで、それ以上の段の収穫もできるようになります。また、茂った葉で日陰ができて、夏の強い日差しによる実の日焼けを防止にもなります。

ただ、追肥を施して8段、9段に挑戦するとなると、夏の猛暑はトマトの生育にとって厳しいもので、家庭菜園の露地栽培では環境面から見ても難しいことです。

腕試しに摘心せずに8段、9段を狙うのも面白いですが、確実に良い実を収穫するためには5段くらいで摘心したほうが得策といえます。

スポンサーリンク