トマトの支柱(仕立て)は安定性のある「合掌型」がおすすめ

スポンサーリンク

合掌型

トマトの苗の植え付け後、株がしっかりして、茎が本格的に伸びはじめたら、合掌型に支柱を立てて茎を誘引します。家庭菜園では、合掌型が安定性があり、倒れにくいのでおすすめです。

長さ2m~2m40cm、直径2cmほどの支柱を用意し、畝の縁(もしくは株から10cmほど離れたところ)にトマトの苗と同じ間隔でやや内側に斜めに支柱を立て、反対側も上部が交差するように斜めに立てます。浅く差すと抜けますので、深さ40cmくらいまで差し込みます。

交差部に上から横に支柱を渡し、紐や金具を使ってしっかり固定します。横棒の位置は、目の高さか、やや高めになります。側面に筋交いを入れて補強します。

トマトの茎が伸びたら支柱に誘引し、紐やテープなどで8の字型に結わいて固定します。トマトが成長するとかなりの重量になりますので、雨や強風などで倒れないようにしっかりと組んでおくことが大切です。

スポンサーリンク