トマトの苗の植え方|花を通路側に向けて植える

スポンサーリンク

仮支柱を立てて茎を結わく

トマトの苗を植え付ける前に、脇芽があればすべて摘み取ります。

植え付け位置のマルチに十字に切り込みを入れます(またはマルチ穴あけ器で穴をあける)。

植え穴をやや浅めに広く掘り、根鉢をくずさないようにポットから苗を取り出し、花を通路側に向けて穴に置き、株元に周りの土を寄せて軽く押さえ、土と値を密着させます。植えつけ後、たっぷり水をやります。

接ぎ木苗の場合は、台木の接いだ部分を必ず土の上に出して植えます。トマトは花房や脇芽が同じ方向に出る性質があるので、花を通路側に向けて植えることで収穫しやすくなります。

水はやりすぎないように注意します。水が少ない方が、水を求めて盛んに根を伸ばすので、根張りがよくなります。

苗を植え付けた後、苗が風で倒されないように仮支柱を立てて茎を結わきます。

畑に植え付けたトマトの苗

スポンサーリンク