種や苗の用意|野菜の種・苗を選ぶときの注意点とポイント

スポンサーリンク

野菜の種や苗の用意は、ホームセンターや園芸店、ネットの通販などで購入できます。

店頭で選ぶ際は、種の袋の裏に書かれた栽培の特性をよく確認してから購入してください。通販では商品説明ページに書かれていますので、確認してから注文してください。

同じ野菜であっても、品種によって栽培時期が異なることがあります。また、ネットの通販では地域に関係なくあらゆる野菜の種を手軽に購入できますので、地域に適した品種を選ぶことが大切です。

種や苗の購入

店頭に並んだ野菜の種

種や苗を購入するにあたってまず大切なことは、栽培適期を早めに確認しておき、種まきや苗の植え付け適期の前までに購入しておくことです。

野菜にはそれぞれ「栽培に適した時期(栽培適期)」があり、品種によって異なることもあります。この時期に合わせて栽培することが大切ですので、必ず確認してから購入します。

他にも、地方に適した野菜や、品種によって栽培の条件が異なることがあります。分からないことは園芸店などでよく相談してから購入してください。

[選ぶ際の注意点]

  • 栽培時期が合っているか。
  • 地域に適した野菜であるか。
  • 育てやすい品種であるか。

種の選び方

ネットの通販で購入した野菜の種

種の用意は、ホームセンターや園芸店、ネットの通販などで購入できますので、種まきの少し前までに購入しておきます。種の量り売りや交換会でも入手することもできますが、袋詰めの種を店頭や通販で購入するのが一般的です。

種の袋の裏には、地方に適した種まき時期や品種の特徴、種の有効年月日や発芽率など、種の情報や育て方のポイントが書かれていますので、かならず確認してから購入してください。

苗の選び方

通販で購入した野菜の苗

スーパーやネットの通販などでも野菜の苗が売られるようになり、手軽に購入できるようになりました。また、ホームセンターなどではさまざまな野菜の苗が売られています。

早い時期から小さい苗が売られいる場合がありますが、早植えはしっかりとした対策が必要であり、対策をしなければ失敗の原因になります。買い急がず、栽培時期になってから、しっかり育った苗を購入するようにしてください。

苗を購入する際は、苗の茎の節間が短くて太く、葉が大きくて厚いものを選びましょう。苗の良し悪しはその後の野菜の生育に大きく影響しますので、慎重によいものを選びます。

苗を作る

IMG_0385

トマトやピーマンであっても、苗を自分で作ることができます。ただし、温度管理などの知識や技術を必要としますので、苗を購入するのが一般的です。

キャベツや白菜、レタスなどの比較的苗を作りやすいものもありますが、やはり防虫対策などの設備を必要とし、時間もかかります。

いきなり苗作りを始めると失敗しやすいですから、まずは苗を購入して栽培してみて、知識や技術がある程度身につけてきてから、手間や時間のかからないものを選んで挑戦されるとよいでしょう。

スポンサーリンク