葉もの野菜の追肥に最適!レインボー薬品の住友液肥1号

スポンサーリンク

住友液肥1号

葉もの野菜の追肥には、葉もの専用の液肥、住友液肥1号がオススメです。

葉もの野菜は栽培期間が短いので、基本的に追肥はしませんが、葉色が薄くて、肥料が効いていない、または肥料切れしているようであれば、液肥による追肥がよく効きます。

栽培期間の短い葉もの野菜では、有機肥料では効きが遅く、化成肥料では水で溶けないと植物に吸収されないため、雨が降らないと効きません。

液肥肥料であれば、作物が吸収できる無機成分であり、肥料成分が作物によく吸収利用されます。

しかも、晴天が続いて土がカラカラに乾いているほどによく効きます。

また、住友液肥1号はチッソ・リン酸・カリのみが配合され、葉や茎を育てる成分のチッソが高めに配合され、花や実を付けるリン酸や、根や茎を丈夫にするカリは低めに配合されています。

住友液肥1号の成分:チッ素15・リン酸6・カリ6

チッソ:葉や茎を育てる(葉もの野菜が多く必要とする)
リン酸:花や実を付ける(実もの野菜が多く必要とする)
カリ:根や茎を丈夫にする(実もの野菜や根もの野菜が多く必要とする)

通常、液肥には苦土、マンガン、ほう素などの微量要素も含まれますが、住友液肥1号はチッソ、リン酸、カリ以外の余分なものは一切入っていません。

必要なときに最低限の肥料成分を効率よく与えられるので、葉もの野菜の品質を高めます。

また、成分はすべて水溶性なので土壌を傷めにくいので、初心者でも安心して使用できます。

こんな野菜に

小松菜、ホウレンソウ、キャベツ、白菜、レタス類、ミズナ、シュンギク、チンゲンサイ、タアサイ、野沢菜、高菜などの葉もの野菜。

こんなときに

  • 葉色が薄い
  • 元肥を入れていない
  • 肥料切れしている

使い方

夏場:500倍に希釈
冬場:300倍に希釈。

10Lのジョウロで500倍に希釈するには:20ml
20Lのジョウロで500倍に希釈するには:40ml

10Lのジョウロで300倍に希釈するには:約30ml
20Lのジョウロで300倍に希釈するには:約60ml

土の表面が濡れる程度の量では効きませんので、しっかり土に染み込む量を与えるのがポイントです。

液肥の持続効果は一週間ほどなので、生育の様子を見ながら、一週間に一度を目安に与えましょう。

評判

一部の評判をご紹介します。

「ほかの液肥は微量要素などが含まれますが、住友液肥1号は肥料の三大要素のみが配合されていると知って購入しました。肥料をコントロールしやすいので助かります。」

「近くの畑の方のホウレンソウがよく育っていて、コツを尋ねたら、追肥に液肥(住友液肥1号)を使っていると教えてもらいました。真似してみようと早速購入しました。」

「液肥はすごく薄めて使うので、化成肥料よりもお得だと思います。今のところ野菜がすくすく育ってます。」

「近所のホームセンターなどで見つけることができなくて、通販で買えたので良かったです。価格はそれほど高くなく、内容量はたっぷりでしばらく使えそうです。」

Amazonで購入できます

ネット通販のAmazonが便利です。

※Amazon「住友液肥1号」の検索結果ページへ

⇒ 住友液肥1号

Amazonではカスタマーレビューといって、利用者の感想が掲載されています。ぜひ、住友液肥1号を購入する前に確認してみてください。

スポンサーリンク