栽培中の管理

スポンサーリンク

種まきや苗の植えつけの後は、野菜の手入れが必要です。

生育中の手入れのあるなしによって、収穫する野菜の量や質に大きく影響します。

野菜に適した環境を知り、適切な時期に適切な作業を行うことが栽培のポイントです。

種をまいて発芽して隣の株と葉が触れ合うようになってきたら、間引きを行います。

畑がひどく乾燥していたら水をやります。

生育に欠かせない追肥は、適した時期に適した量の肥料を与えます。

その他にも、野菜によっては支柱を立てて誘引したり、芽かきや摘芯といった作業もあります。

野菜に適した環境を知ろう

育てたい野菜に適した環境を整えるには、その野菜のことをよく知ることです。

その野菜の原産地や性質を調べてみてください。

原産地を調べることで、生育に適した温度や、水を好む好まないなどがわかります。

性質を調べることで、摘芯が必要だったり、支柱が必要だったりなどがわかります。

野菜は品種改良などによって原種とは大きく変わってきてはいますが、それでも原種の性質は残っています。

原産地や性質を調べることで気づくこともありますし、調べるのも楽しいことなので、ぜひ育てる前にその野菜のことを調べてみてください。

猛暑の日は水やりをしよう

基本的に畑では水やりをしなくても野菜は育ちますが、レタスなどの暑さに弱い野菜は、苗を植えたら数日間水やりをすると活着がよくなります。

ナスやトマトなどの夏野菜は、雨が降らないと肥料が効かないため、乾燥が続くようであれば、水やりをすることで生育がよくなります。

ただし、水道が設置されてるからと水を与えすぎると、生育に悪影響を及ぼすこともあるので、水のやりすぎに注意しましょう。

冬は防寒対策をしよう

種まきが遅りたり、生育が遅れてしまって冬になってしまったら、ビニールでトンネルして保温します。

ホウレンソウや小松菜など寒さに強い野菜でも、保温して育てると葉が傷まずに収穫できます。

スポンサーリンク