採りたて野菜で作る簡単レシピ100

簡単に作れるレシピを中心にご紹介します。畑で採れた「たくさんの野菜」を美味しく食べて健康に。

パンプキンスープのレシピ|ミニカボチャまるまる1個を使い切る

   

P9070632

子供も大好きなパンプキンスープのレシピを紹介します。

材料

かぼちゃ:1/4、ミニなら1個
タマネギ:1個
生クリーム:200ml
牛乳:適量
固形コンソメ:2個
オリーブオイル:適量
塩、こしょう:適量

作り方・手順

P9070616

今回は材料にミニカボチャを使用しました。収穫したては甘くないので、一月は熟成させてから使用したほうが美味しいです。

Step1:カボチャを茹でる

P9070619

カボチャを適当な大きさに切って茹でます。

カボチャの皮を剥くのは大変なので、そのまま茹でちゃいます。

Step2:タマネギを炒める

P9070621

適量のオリーブオイルを熱したフライパンで、薄切りにしたタマネギを透き通るまで炒めます。

Step3:カボチャの皮をむく

P9070625

約10分(皮と身の間にヒビが入るくらいを目安)カボチャが茹であがったら、熱いうちに皮をむきます。

大きいスプーンなどでメロンを食べるときのようにツルンと身を取ります。

Step4:材料を潰す

P9070627

お鍋に皮を剥いたカボチャを入れ、カボチャが浸るくらいの水を入れます。
そして、さらに炒めたタマネギを加えて加熱、混ぜながら木べらでカボチャを潰す。固形コンソメを2個入れて溶かします。

仕上げに生クリームと塩・こしょうをして出来上がりです。
牛乳はお好みのとろみ加減になるように加えてください。

甘くて美味しいパンプキンスープのできあがり

P9070630

簡単ですね。温かいままでも冷やしても美味しいスープです。

カボチャ、タマネギの苦手なお子さんはミキサーで潰したり、濾してあげるとさらになめらかで飲みやすくなりますが、そうでなければ何も手をかける必要はありません。

たまにコロッとしたカボチャがあっても、とろとろで美味しく召し上がれます。

パンプキンスープでカボチャを大量消費

畑で収穫したミニカボチャ

1株のミニカボチャから約50個の実が採れました。大きさは大小様々ですが、豊作となりました。差し上げたり、煮たり焼いたりの料理で消費しましたが、まだまだ消費しきれずに残ります。

そこで、ミニカボチャの大量消費にと作ったのが、このパンプキンスープです。作り方は簡単で、ミニなら丸々1個使います。しかも、野菜嫌いの子供も喜んで食べてくれました。

 - 野菜を簡単に大量消費 , , ,