プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

プランターでシュンギクを育てよう

更新日:

シュンギク

独特の香りと風味が特徴のシュンギク。

すき焼きや鍋の定番として親しまれ、冬の代表的な栄養価の高い緑黄色野菜です。

春に花を咲かせ、花や葉が菊に似ていることからシュンギク(春菊)と名づけられました。

原産地は地中海沿岸地方で、日本では野菜として食べられていますが、強い香りのせいか、ヨーロッパではもっぱら観賞用として親しまれています。

栄養価の高い野菜で、カロテンの含有量は小松菜やホウレンソウをしのぎ、カルシウムは牛乳以上、ほかにビタミンB2、C、E、鉄なども豊富に含みます。

丈夫でつくりやすく、種まきから約1か月で収穫でき、一度種をまけば、摘み取りながら長期間収穫できます。

冷涼な気候を好むので、春と秋に栽培できますが、春の栽培ではトウ立ちしやすいので、初心者には秋まきがおすすめです。

シュンギクの種類

葉の大きさで、大葉種、中葉種、小葉種があり、一般的に出回っているのは中葉種です。

また、1本の茎を中心にわき芽を摘みとる「摘み取り種(株立ち種ともいう)」と、根から株が多数分かれて株ごと収穫する「株張り種」があり、それぞれに適した品種があります。

[株立ち種]
きわめ中葉春菊、さとゆたか、竜光(りゅうこう)など。

[株張り種]
菊次郎、さとにしきなど。

プランターで育てるには、長く収穫できる「株立ち種」がおすすめです。

栽培カレンダー

シュンギクの栽培カレンダー

シュンギクの栽培カレンダーです。

寒さに強く、夏以外ならいつでも栽培できますが、春の栽培ではトウ立ちしやすいので、秋まきがおすすめです。

栽培メモ

科名
キク科・シュンギク属
別名
キクナ
難易度
やさしい
置き場所
日の当たる場所~半日陰
背丈
30cmくらい
種?苗?
種で育てる
生育適温
15~20度
追肥
2回目の間引きのあと
病害虫
病気:べと病、炭そ病など
害虫:アブラムシ、ハモグリバエ、アザミウマなど

栽培のコツ!

  • 種まき後はごく薄く土をかける。
  • 間引きながら株間を広げていく。
  • 生長したらわき芽を伸ばして長期間収穫する。

プランター向きの品種

きわめ中葉春菊、さとゆたか、竜光(りゅうこう)など。

[きわめ中葉春菊]
寒さに強く、中葉の摘み取り種です。
葉は濃緑色でやわらかく、香りにすぐれます。
側枝の発生が多く、栽培は容易です。

[さとゆたか]
中葉の摘み取り種です。
節間のつまった草勢で、側枝の発生が多く、べと病に非常に強くて育てやすいです。

[竜光(りゅうこう)]
中葉の摘み取り種です。
茎は太く、葉肉は厚く鮮緑色で、香りが強いのが特徴です。
側枝の発生が多く、育てやすい品種です。

準備するもの

準備するもの

48Lのプランター、種、培養土(14L×2)、鉢底石(0.5L×15)、ラベル、防虫ネットセットなど。

[関連記事]
必要な道具を準備しましょう

種まき

シュンギクの種

プランターの底に鉢底石を約2cm並べ、培養土をプランターの深さの8分めまで入れて平らにならします。

シュンギクの株間

条間10cm、深さ1cmの浅い溝をつくり、1~2cm間隔で2~3粒ずつ種をまきます。

発芽率が悪いので、種を多めにまくとよいでしょう。

発芽に光を必要とする好光性の種なので、覆土はごく薄くします。

シュンギクの種まき

発芽するまで乾かさないように注意します。

[関連記事]
プランターでの種まき

害虫対策

防虫ネットで害虫対策

シュンギクは害虫に強い野菜ですが、防虫ネットでトンネルすると安心です。

[関連記事]
防虫ネットを被せて虫よけ

間引き・土寄せ

間引きを2回行い、本葉3~4枚までに5~6cm間隔にします。

2回目の間引き菜は、サラダにして食べるとよいでしょう。

[1回目]
1回目の間引き
双葉が開いたら、2~3cm間隔になるように、茎が伸びて徒長した株や葉の形が悪いもの、生育の遅い株を間引きます。
間引き後、株のぐらつきと根の乾燥を防ぐために左右から土を寄せ、根が土から出ないようにします。

[2回目]
本葉3~4枚で2回目の間引きをして、株の間隔を5~6cm程度にします。

[関連記事]
たくさん発芽させて間引きをしよう

追肥

追肥時期のシュンギク

2回目の間引きのあと、株間とプランターの縁に少量の肥料を施します。

追肥

[関連記事]
追肥のコツを知っていますか?

1回目の収穫

収穫適期のシュンギク

草丈が15cm程度になったら、間引きを兼ねて1本おきに収穫します。

収穫したシュンギク

2回目の収穫

収穫適期のシュンギク

株がじゅうぶんに大きくなったら、下葉を3~4枚残すようにして節の上で摘みとって収穫します。

収穫した後のシュンギク

その後、側枝が伸びてきて次々と収穫できます。

以降の収穫

収穫適期のシュンギク

残した下葉からわき芽が伸びるので、必要な分だけ摘みとって収穫していきます。

収穫後は生育の様子を見て、伸びが遅いようなら追肥します。

注意する病害虫

シュンギクは病害虫の被害を受けにくい野菜ですが、アブラムシやハモグリバエ(エカキムシ)には注意が必要です。

アブラムシは、葉の裏などをチェックし、見つけしだい捕殺します。

ハモグリバエは、幼虫は葉肉内を食い進み、その跡が筋状の白い絵を描いたような模様に見えます。肥料を多用すると多発する傾向になるので、肥料のやりすぎに注意します。

病気では、べと病や炭そ病が発生することがあります。

間引きを適切に行い、株間を広くとって風通しをよく育てましょう。

庭や畑でシュンギクを育てよう

畑で育てたシュンギク

シュンギクは、「食べる風邪薬」といわれるほど、抵抗力をつけて風邪などの感染症を予防するカロテンが豊富に含まれています。

庭や畑でシュンギクを育てて、旬の冬にはたっぷり食べましょう。

スペースを確保できたら、列間を20cmあけて、種を厚めに条(すじ)まきします。

種をまいたら、防虫ネットでトンネルして害虫を寄せつけないようにします。

発芽後は隣の株とぶつからないように順次間引きを行います。

草丈が25cmほどになったら、本葉4~5枚を残して摘み取ります。

その後はわき芽を伸ばし、25cmくらいに伸びたころ、本葉を2~3枚残して摘み取ります。

[関連記事]
シュンギクの育て方とコツ|家庭菜園では摘み取り収穫がおすすめ!

ad

ad

-野菜別の作り方
-,

Copyright© プランターで野菜をつくってみよう! , 2017 All Rights Reserved.