プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

プランター菜園に挑戦

投稿日:

プランター菜園

野菜を育ててみたいけど、庭に広いスペースがない...。

農園を借るのではなく、もっと手軽に野菜を育てたい!

そのような方は、プランターで野菜を育ててみてはいかがでしょう。

葉茎を食べる野菜や、小型の根を食べる野菜であれば、栽培期間も短く、プランター菜園に入門するのにピッタリです。

プランターを用意しよう!

プランター

大きさは野菜のサイズに合わせて選ぶのが基本で、素材や形はどのようなものでも構いませんが、大型のプランターがおすすめです。

大きいプランターであれば、土が多く入り、土が乾きにくく、根もよく張って野菜もよく成長します。

[関連記事]
プランターは大きめを選びましょう

鉢底石を敷こう!

鉢底石を敷く

プランターの水はけをよくするために鉢底石を敷きます。

鉢底石をネットに入れるか、ネット入り分包タイプのものを使うと回収するときに便利です。

培養土を入れよう!

培養土を入れる

野菜用の培養土をプランターの縁から2cm下ぐらいまで入れます。

培養土を入れたら、表面を平らにならしておきます。

[関連記事]
野菜がよく育つ土とは?

溝をつくろう!

溝をつくる

板きれや支柱などを使いまき溝をつけます。

小型の野菜であれば、条間10cm、深さ1cmの浅い溝をつくります。

種をまこう!

種をまく

1~2cm間隔で1~2粒ずつ種をまきます。

[関連記事]
プランターでの種まきの基本

土をかけよう!

土をかける

指でつまむように土を被せて、軽く鎮圧し、たっぷりと水をやります。

防虫ネットを被せよう!

防虫ネットで害虫対策

防虫ネットを被せて野菜を覆えば、害虫の侵入を防ぎ、野菜を守ってくれます。

水やりはネットの上からでもできます。

[関連記事]
防虫ネットを被せて虫よけ

収穫

収穫時期のラディッシュ

種まきから約1~1.5か月で収穫できます。

小型の野菜のほかにもミニトマトやキュウリなど、大型の野菜もプランターで育てることができます。

[関連記事]
野菜別の育て方

ad

ad

-野菜別の作り方

Copyright© プランターで野菜をつくってみよう! , 2018 All Rights Reserved.