プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

プランターでキャベツを育てよう

更新日:

キャベツ

大型の野菜の中でも収穫したときの喜びが大きいキャベツ。

サラダ、煮物、炒めもの、漬け物など、いろいろな食べ方が楽しめる野菜です。

生育温度は15~20℃で、涼しい気候をお好みます。

栽培期間が少し長く、アブラムシ、アオムシ、ヨトウムシなどの害虫の被害が多いので、害虫の少ない秋に防虫ネットで覆って栽培します。

キャベツは結球するには、葉の数が多くなり、大きな株に育っている必要があります。

生育の様子を見ながら、肥料を切らさないように育てましょう。

定番の品種のほか、紫色のキャベツ、葉が縮れたキャベツ、頭が尖ったキャベツなど、見た目でも楽しめる品種もあります。

一般的なキャベツは大型ですが、プランター菜園では生育の早いミニサイズのキャベツが最適です。

市販の苗を購入して育てると育苗の手間が省けますが、種から育てると収穫の喜びが一段と違います。

ミニキャベツがおすすめ!

プランターでキャベツを育てるには、500~800gのミニサイズのキャベツがおすすめです。

株間25~30cmの密栽培ができ、種まきから80~90日で収穫できます。

栽培カレンダー

キャベツの栽培時期

プランター向き品種の栽培カレンダーです。

キャベツは寒さに感応して花芽が形成されるため、プランター菜園ではトウ立ちの心配が少ない夏まき秋どりがおすすめです。

栽培メモ

科名
アブラナ科・アブラナ属
難易度
ふつう
置き場所
日の当たる場所
背丈
50~60cmくらい
種?苗?
種から育てる(苗から育てることもできる)
生育適温
15~20度
追肥
1回目の追肥:最後の間引きの後
2回目の追肥:結球がはじまったら
病害虫
病気:黒腐病、軟腐病など
害虫:アブラムシ、アオムシ、ネキリムシ、コナガ、ヨトウムシなど

栽培のコツ!

  • 種まき適期を守る
  • 害虫の被害が多いので、防虫ネットで覆って育てる
  • 肥料を切らさないように気をつける

プランター向きの品種

甘乙女、みさき、アーリーボールなど。

[甘乙女]
甘みのある500g前後の使いきりサイズのミニキャベツです。
種まきから80~90日で収穫できる極早生種で、株間30cmの密栽培もできます。

[みさき]
先がとがったたけのこ型で、1.2kg前後で収穫するやや小型のキャベツです。
種まきから80~90日で収穫できる極早生種で、株間30cmの密栽培もできます。
肉質はやわらかく、甘みもあり、サラダなどの生食に最適です。

[アーリーボール]
ボール型(正円)の代表品種で、1.2kg前後のやや小型のキャベツです。
種まきから90日で収穫できる極早生種で、株間30cmの密栽培もできます。
肉質はやわらかく、サラダなどの生食や浅漬けに最適です。

準備するもの

準備するもの

48Lのプランター、種、培養土(14L×2)、鉢底石(0.5L×15)、ラベル、防虫ネットセットなど。

[関連記事]
必要な道具を準備しましょう

種まき

キャベツの種

プランターの底に鉢底石を約2cm並べ、培養土をプランターの深さの8分めまで入れて平らにならします。

キャベツの種まき間隔

30cm程度の間隔をあけて種をまきます。

キャベツの種まき

一か所に4~5粒まいて、薄く土をかけ、軽く手で押さえてからたっぷりと水をやります。

種が重なると、間引きのときにいっしょに抜けてしまうので、間隔を少しあけて種をまきます。

発芽するまでは乾かさないようにします。

[関連記事]
プランターでの種まき

害虫対策

防虫ネットを被せて害虫予防

キャベツはアオムシなどの害虫がつきやすいので、防虫ネットを利用すると安心です。

発芽するとすぐに葉に卵を産みつけられるので、種まきを終えたらすぐに防虫ネットを被せます。

[関連記事]
防虫ネットを被せて虫よけ

間引き・土寄せ

間引きを2回行い、本葉4~5枚までに1か所につき1本にします。

[1回目]
1回目の間引き
本葉1~2枚になったら、茎が伸びて徒長した株や葉の形が悪いもの、生育の遅い株を間引き、1か所につき2本ずつ残します。
間引き後、株のぐらつきと根の乾燥を防ぐために左右から土を寄せます。

[2回目]
2回目の間引き
本葉4~5枚で2回目の間引きをして、1か所1本にします。

[関連記事]
たくさん発芽させて間引きをしよう

追肥

追肥

最後の間引きの後、1回目の追肥を株の周りに肥料を施します。

2回目の追肥は、結球がはじまったころに行います。

1回目の追肥:最後の間引きの後
2回目の追肥:結球がはじまったら

[関連記事]
追肥のコツを知っていますか?

収穫

収穫適期

球の頭の部分を上から押してみて、かたくしまっているようなら収穫できます。

片方の手で球の部分を傾けて、下葉と外葉の間に包丁を入れて切り取ります。

収穫が遅れると裂球することがあるので、収穫適期を逃さないように注意しましょう。

収穫したキャベツ

注意する病害虫

アブラナ科であるキャベツは、害虫のつきやすい野菜です。

芯の部分を害虫に食べられてしまうと、結球できないこともあります。

防虫ネットで覆うのが効果的なので、種をまいたらすぐに防虫ネットで覆って対策し、日ごろから害虫が発生していないか確認しましょう。

適期に種まき

キャベツの球の大きさは、外葉の大きさにほぼ比例します。

種まきが遅れると、外葉が大きくなる前に寒くなってしまい、小さな球にしかなりません。

だからといって種を早くまくと、病害虫の被害を受けやすくなります。

キャベツは種まきの適期が短いので、まきどきを逃さないことが大切です。

結球しない?

キャベツが結球するためには、寒くなる前に、葉数が多くなり、大きな株になっている必要があります。

種まきの遅れ、肥料不足、日照不足、害虫による被害などによって、結球しないことがあります。

結球させるには、外葉を充実させることが大切です。

庭や畑でキャベツを育てよう

畑で育てたキャベツ

庭や畑でキャベツを育てると、大きなものをたくさん収穫することができます。

スペースを確保できたら、本葉5~6枚の苗を、1畝に2条で、35~40cm間隔で植えます。

キャベツはアオムシやヨトウムシなどの害虫がつきやすいので、防虫ネットでトンネルすると安心です。

苗の植え付けから2~3週間後の生育が盛んになったころ、1回目の追肥を施します。

葉が立ちあがり、結球が始まったころ、2回目の追肥を施します。

結球が十分な大きさになり、手で押さえてみてかたく締まっていたら収穫します。

[関連記事]
キャベツの育て方とコツ|農薬に頼らなくても作れる!

ad

ad

-野菜別の作り方
-,

Copyright© プランターで野菜をつくってみよう! , 2019 All Rights Reserved.