プランターで野菜をつくってみよう!

野菜は、畑がなくても、広い庭がなくても、プランターひとつあればつくれます。さっそく野菜を育ててみませんか?

【防寒対策】冬の厳しい環境から野菜を守るコツ

更新日:

気温が下がると防寒対策が必要になってきます。

とくに霜が降りてからだと手遅れになることもあるため、早めの霜よけが欠かせません。

ただし、防寒対策が早すぎても温度が上がりすぎて枯らしてしまうため、天気予報をなどを見て、時期を調整することが大切です。

防寒対策といえば冬に行うものと考えがちですが、4月になってもまだ気温が低く、遅霜もあるので、早春でも防寒対策が必要になります。

寒さに強い野菜を選ぶ

野菜には、それぞれ生育に適した気温があり、寒さに弱い野菜があれば、寒さに弱い野菜もあります。

たとえば小松菜やホウレンソウは寒さに強いので、とくになにもしなくても育ちます。

小カブや春菊などは小松菜などと比べると低温に弱いですが、保温すれば冬でも育ちます。

インゲンや枝豆などは寒さに弱いので、保温しても冬では育ちません。

寒い冬に野菜を育てる場合は、寒さに強い野菜を選ぶことが大切です。

[寒さにとくに強い野菜]
エンドウ、ソラマメ、小松菜、ホウレンソウ、スイスチャード、ネギ、タマネギなど。

[寒さに強い野菜]
白菜、キャベツ、ラディッシュ、小カブ、大根、人参、ブロッコリーなど。

[寒さにやや強い野菜]
レタス、セロリ、シュンギク、ミズナなど。

寒さにやや強い野菜は、ビニールを被せるなど保温して育てましょう。

寒さに強い品種を選ぶ

品種改良が進み、同じ野菜であっても、品種によっては寒さに強いものがあります。

寒い冬に野菜を育てる場合は、品種の特徴に「耐寒性あり」または「耐寒性にすぐれる」とあるものを選びましょう。

プランターの置き場所

冬は、日がよく当たる暖かい場所にプランターを置きましょう。

夜は室内に入れて温雄管理できればより効果的です。

晴れた日は温度が上がりすぎてしまうこともあるので、ビニールの裾を開けるなどして温度の調整をしましょう。

資材の活用

寒さに強い野菜や品種を選べば、ビニールを被せるなど資材を活用することで、冬でも野菜を育てることができます。

敷きワラ

プランターの地表を覆うことをマルチングといいます。

ワラは古くからマルチング材として使用され、株元の防寒対策や霜よけなどの効果があります。

防虫ネット

防虫ネットはおもに虫を寄せつけないために使用する資材ですが、防寒度はかなり低いものの、風や寒さを軽減することができます。

寒さに強い野菜であれば、防虫ネットだけでも育ちます。

[関連記事]
防虫ネットを被せて虫よけ

ビニールを被せて保温

寒さを防ぐには、寒気を遮ることが基本で、外気が入らないように密閉できるビニールは保温性抜群です。

プランターに曲がる支柱をさし、上から透明で穴のない園芸用のビニールか、ポリフィルムを被せ、裾を紐で縛ってすき間をなくします。

ビニールは晴れた日に温度が上がりすぎてしまうこともあるので、地気計をさして温度管理し、30℃を越えるときは裾を開けて換気しましょう。

ad

ad

-栽培の基本

Copyright© プランターで野菜をつくってみよう! , 2017 All Rights Reserved.