人参の育て方まとめ

スポンサーリンク

収穫した人参

人参の栽培を成功させるポイントは、上手に発芽させることで、うまく発芽させることができれば成功といえる野菜です。

ただし、発芽後は、初期の生育がゆっくりで遅く、雑草に負けてしまうことがあるので、しっかりと草取りをすることが大切です。

また、肥料を施しすぎたり、収穫が遅れすぎると裂根の原因になるので、肥料の量に注意し、必ず適期中に収穫しましょう。

春まきして夏に収穫することもできますが、生育初期の段階では比較的高温に強いので、初心者には夏まきがおすすめです。

人参のおすすめ品種
人参のおすすめ品種
人参は西洋種と東洋種の2種類があり、西洋種は長さ15~20cmの短根人参、東洋種は長さ50cm以上にもなる長根人参になります。以前は煮物に向く東洋種が主流でしたが、現在は甘みがあって栽培もしやすい西洋種が主流になっています。

詳しく見る

人参の育て方とコツ
人参の育て方とコツ
人参は根の長さによって三寸人参、四寸人参、五寸人参、それ以上に長い大長人参に分けられ、ソーセージ型のミニニンジンなど、楽しい品種も増えてきました。春に種をまいて初夏に収穫することもできますが、初心者には夏まきが育てやすくておすすめです。

詳しく見る

人参を上手に発芽させよう
人参を上手に発芽させよう
人参の栽培は、病害虫への対策はほとんどなく、うまく発芽させることができれば成功といえる野菜です。上手に人参を発芽させるためのポイントをまとめました。

詳しく見る

人参の「根が分かれてしまう」のを防ぐ
人参の「根が分かれてしまう」のを防ぐ
人参の根が分かれてしまう対策としては、小石などの障害物は種まき前によく取り除き、有機物を入れるのは避けて完熟したものを入れ、肥料を入れたあとによく耕します。センチュウ類の被害が心配される畝では、種まき前の土壌消毒が有効です。

詳しく見る

人参の「根が割れてしまう」のを防ぐ
人参の「根が割れてしまう」のを防ぐ
人参の根が割れてしまう対策としては、必ず収穫は適期中に行い、生育初期に土壌がひどく乾燥していれば潅水し、生育後期はやや乾燥気味になるように排水をよくします。

詳しく見る

人参の発色や香りについて
人参の発色や香りについて
スーパーなどで売られている人参は、収穫したのちに機械で洗って薄皮をむいて発色を良くしてから出荷しています。また、品種によっては子供が嫌う独特の香りが減るように改良されたものがあります。

詳しく見る

スポンサーリンク