モロヘイヤの育て方まとめ

スポンサーリンク

収穫したモロヘイヤ

インドやエジプトを中心とした中近東で広く作られているモロヘイヤ。高温多湿の日本の気候にも合い、初心者でも簡単に作ることができる野菜です。

ただし、熟した種子や硬い茎には毒性がありますので、家庭菜園で栽培する際には、誤って食べないように十分に注意する必要があります。

モロヘイヤの苗の作り方
モロヘイヤの苗の作り方
モロヘイヤは固定種(一代限りの種でない)なので、種を採って苗を作ることができます。翌年も育てるのならば、自家採種して苗を作った方が経済的です。

詳しく見る

モロヘイヤの育て方とコツ
モロヘイヤの育て方とコツ
モロヘイヤは病害虫の心配があまりなく、丈夫で作りやすい野菜です。ただし、熟した種子や硬い茎には毒があるので、誤って食べないように注意します。

詳しく見る

モロヘイヤの種の取り方
モロヘイヤの種の取り方
モロヘイヤの花が咲いたら念のため収穫を終えて結実させます。そして、莢がやや黒みを帯びた濃い茶色(褐色)になり種が完全に熟して緑色になったものを莢ごと採取して保管します。

詳しく見る

モロヘイヤの毒に注意
モロヘイヤの毒に注意
モロヘイヤの熟した種子や硬くなった茎には毒がありますので、誤って食べないように十分に注意しなくてはなりません。

詳しく見る

モロヘイヤの花が生育初期に咲く原因
モロヘイヤの花が生育初期に咲く原因
モロヘイヤは、日照時間の長さ、気温、乾燥などに反応して花芽が分化し、花を咲かせます。生育の初期であっても、日照時間の短い春の育苗中に低温にあたったりすると、条件を満たすため、分化して花を咲かせてしまいます。

詳しく見る

スポンサーリンク