ミニ白菜の育て方とコツ|比較的狭い面積にたくさん作れる

スポンサーリンク

白菜は鍋や漬物に欠かせない冬の野菜で、できたらうれしい大もの野菜の一つです。

しかし、大型の白菜は繊細な性質で、寒くなるまでに一定の葉数にならないと結球せず、早まきしすぎると夏の高温で失敗してしまいます。

また、収穫できても一度には使い切れなくてあまってしまい、冷蔵庫で腐らせてしまうことがしばしば・・・。

そこで、小型に品種改良されたミニ白菜の人気が高まっています。

ミニ白菜は、手ごろな食べきりサイズに改良され、結球させやすく、収穫するまでに時間がかからなかったり、密に栽培できて比較的狭い面積にたくさん作ることができます。

ミニ白菜の育て方

ミニ白菜

ミニ白菜は、結球し始めの200gほどから、1kgくらいの小型まで、いつでも収穫できます。

また、株間を15~30cmと密に栽培でき、家庭菜園の狭いスペースを有効活用できます。

少ない肥料で育ち、結球もさせやすいので、失敗が少ないといえます。

家庭菜園には、小型で極早生種や早生種が育てやすいでしょう。

※白菜の特徴や栄養、大型の白菜の育て方はこちら。
白菜の育て方とコツ

栽培時期

ミニ白菜の栽培時期

※品種や地域によって栽培時期は異なるので、事前に確認してください。

育てやすい品種

タイニーシュシュ、娃々菜、黄味小町、お黄にいりなど。

畑の準備

畝

ミニ白菜は連作を嫌うので、ミニ白菜を含むアブラナ科の野菜を2年以上は育てていない場所を選びます。

また、ミニ白菜は追肥をしないで収穫するので、元肥をしっかり入れておきます。

苗の植え付けの2週間前に、苦土石灰をまいてよく耕し、1週間前に、堆肥と化成肥料を施してよく耕し、畝を立てて黒マルチを張ります。

黒マルチは、雑草の抑制や、地温を上げる効果に期待できます。

苗を植える

苗の作り方は「白菜の育て方とコツ」を参照してください。

株間15cm

結球し始めの200g程度で収穫する場合、株間15cmで苗を植えます。

株間30cm

1kg程度のミニ白菜で収穫する場合、株間30cmで苗を植えます。

ほかに、20cmの間隔で植えるなど、栽植密度を変えていろいろなサイズで収穫できます。

害虫対策

防虫ネットでトンネル

白菜はアブラナ科で、アオムシやコナガなどの害虫がつきやすい野菜です。

また、密に栽培すると株間に隙間がなくなり、散布薬剤が効きにくくなります。

そこで、苗を植えたらすぐに防虫ネットでトンネルし、ネットの裾を埋めて害虫が入れないようにして防ぎます。

ただし、土の中に潜むヨトウムシなどの害虫は発生するので、こまめに観察し、見つけたら取り除きましょう。

追肥の必要もないので、防虫ネットでトンネルするとあとはとくに作業はありません。

収穫

収穫までの期間の短い株間15cmから収穫していきます。

株間15cmでは結球し始めの200gほどから収穫

収穫したミニ白菜

株間15cmでは、結球し始めの200gほどから収穫できます。

株間30cmでは1kgくらいから収穫

株間30cmでは、1kgくらいから収穫します。

ミニ白菜は寒さに弱いため、霜が降りる前に収穫し、新聞紙で包んで冷暗所で保存しましょう。

スポンサーリンク