穴あり、穴なし、どちらのマルチを選択するべき?どちらかでないとダメ?

スポンサーリンク

マルチを張って穴をあけた畝

雑草の問題に効果的なポリマルチ。マルチ幅や色の違いの他に、穴あり、穴なしタイプがあります。

野菜に合わせて穴をあければ、無駄な穴がないことから、雑草の問題を最小限に押されえることができます。しかし、たくさん穴をあける作業は、相当な時間と労力を必要とします。

一方、家庭菜園では色々な種類の野菜を栽培する傾向にあることから、すべての野菜に対応できるように、何種類ものマルチを所有するのも大変です。

であれば、どちらかだけを徹底して使用するのではく、うまく使い分けるのも一つの手です。

たとえば、タマネギのような間隔の狭い野菜には穴ありを使用し、一つの畝で複数の野菜を育てる場合や、間隔の広い野菜を育てる場合には穴なしタイプを使用します。

穴ありタイプ

通常のマルチに定植用の穴があけられているフィルム。野菜に適合するするものを選択して使用します。

穴ありのメリット

  • 穴をあける手間を省ける。
  • マルチを張ってからすぐに種まきや苗の植え付けを行える。
  • マルチ穴あけ器のような道具の必要がない。

穴ありのデメリット

  • 野菜によっては植え付けの間隔が異なるため、野菜に適合するマルチを所有しなくてはならない。
  • あいた穴の位置を変えることができないため、一つの畝で複数の野菜を育てるような場合には使用できない。
  • 野菜に適合していないマルチを使用すると、無駄にあいた穴から雑草が生えてくる。

穴なしタイプ

穴が一切あいていない通常のマルチ。野菜に合わせて穴をあけて使用します。

穴なしのメリット

  • 一つの畝で複数の野菜を育てるような場合でも、野菜に合った穴をあけることができる。
  • マルチの巻かれたロールが一本あれば、どんな野菜にも対応できる。よって、ロールの保管場所をとらない。

穴なしのデメリット

  • たくさん穴を必要とする野菜に使用すると、穴あけにかなりの時間と労力を要する。
スポンサーリンク