小生姜の育て方|塊茎が小さく、辛みが強い

スポンサーリンク

小生姜

生姜は、塊茎(かいけい)の大きさから小生姜、中生姜、大生姜に分けられ、塊茎が大きい生姜ほど辛みが少なく、小さい生姜ほど辛みが強くなります。

ここでは、塊茎が小さく、辛みの強い、小生姜の育て方を紹介します。

生姜の基本的な育て方は「大生姜の育て方」を参照してください。

小生姜の育てやすい品種

三州(さんしゅう)、金時(きんとき)、谷中(やなか)など。

植える種生姜の大きさ

小生姜の種生姜は、一つ約50g程の大きさになるように割って植え付けます。

筆生姜(矢生姜)の収穫

生姜の収穫は10月ごろから行いますが、葉が3~5枚開いたら、根の付け根を押さえて引き抜くと、筆生姜(矢生姜)として利用します。

根の付け根を押さえて引き抜く

収穫した筆生姜(矢生姜)

スポンサーリンク