家庭菜園の9月|秋冬野菜に入れ替わる時期です

スポンサーリンク

9月の上旬はまだ暑い日が続きますが、中旬ごろからしだいに朝晩ようやくしのぎやすくなり、やがてしとしと雨が降る秋雨の季節を迎えます。

上旬ごろから更新剪定を行ったナスが収穫できるようになり、暑さを好むオクラ、ゴーヤ、モロヘイヤなどが元気に生育します。

トマトやピーマン、キュウリなどの夏野菜の収穫が続いていると思いますが、実つきの悪くなってきたものから、順次片づけて、秋冬野菜に切り替えていきましょう。

9月に種をまく野菜

  • シュンギク
  • チンゲンサイ
  • のらぼう
  • ホウレンソウ
  • ミズナ
  • 小松菜
  • タマネギ
  • レタス
  • キャベツ
  • 白菜
  • 大根
  • ルッコラ

など。

9月に植える野菜

  • ニンニク
  • ジャガイモ
  • キャベツ
  • カリフラワー
  • ブロッコリー

など。

種まき

日を追って涼しさを増すようになり、多くの野菜の種がまけるようになります。

日中はまだ暑い日が続きますが、スタートが遅れると、満足に収穫できないことがあるので、秋冬野菜の種まきは早めにすませておきましょう。

9月上旬はまだ残暑の厳しい時期なので、発芽するまでは水やりをして乾燥させないように注意しましょう。

また、レタス類は冷涼な気候を好み、暑さに弱いので、涼しい日陰で育苗するとよいでしょう。

植えつけ

秋作のジャガイモは9月初旬に植えて11~12月に収穫します。

秋作に適した品種を選び、高温期に植えつけるため、種芋が腐らないように注意しましょう。

台風対策

大型の台風が接近することが多い時期です。

9月中旬ごろからは秋雨の季節になり、台風と重なると大雨になることがあります。

植えたばかりの秋冬野菜に被害が出ないように、しっかりと備えをしておきましょう。

スポンサーリンク