家庭菜園の7月|病気や害虫が多くなるので気をつけよう

スポンサーリンク

7月は、前半の梅雨の時期と、後半の梅雨明けしてからでは環境ががらりと変わります。

前半は、気温はさほど高くありませんが、梅雨で曇りや雨の日が多く、湿度の高い日が続きます。

水はけをよくしておいた畑であっても、降りしきる雨で加湿になりがちです。

雨や加湿は、土や肥料を流してしまうほかに、株や実を泥で汚す原因になり、病気が発生しやすくなります。

敷きわらやビニールマルチをして対処しましょう。

後半は、梅雨が明け、急に強い日差しがさすようになって気温も一気に上がります。

梅雨明け直後、多湿な状態で急に地温が上がると、病気や害虫の発生が多くなります。

暑さ対策や除草を早めにしておき、夏に備えておきましょう。

また、7月ごろから台風が接近することがあります。

トマト、ナス、ピーマン、キュウリなど、春に植えた夏野菜が次々と実がなってくるころなので、被害が出ないように注意しましょう。

秋ナスをとりたい場合は下旬ごろに更新剪定を行います。

[7月の主な作業]

  • 種まき
  • 植えつけ
  • 追肥
  • 水やり(後半)
  • 病害虫対策
  • ナスの更新剪定
  • 太陽熱土壌消毒

7月に種をまく野菜

  • 地這いキュウリ
  • 大豆
  • キャベツ
  • 小松菜
  • シュンギク
  • ブロッコリー
  • カリフラワー

など。

大豆の種まきは、7月中旬ごろまでにはすませておきましょう。

7月に植える野菜

  • ニラ
  • 長ネギ
  • モロヘイヤ

など。

マルチング

梅雨対策には敷きわらやビニールマルチをして病害虫の予防をします。

植えつけ時にビニールマルチを張っておくと土の跳ね返りなどの予防になりますが、植えつけ後に対処するなら、わらや刈った草を株のまわりに敷くとよいでしょう。

追肥

夏野菜は7月が最盛期で、疲れが見られるようになってきます。

肥料が切れると、実のつきが悪くなるので、早めの追肥が大切です。

梅雨明け後の乾燥時には、肥料を施したら水をかけておきましょう。

水やり

梅雨が明けると、急に強い日差しが照りつけるようになり、乾燥した暑い日が続きます。

土が乾燥しがちになるので、乾燥が続く場合には、ときどき水やりをすると、野菜の生育がよくなります。

また、肥料は水に溶けないと効果がない出ないので、乾燥時には、肥料を施したら水をかけてかけるとよいでしょう。

収穫

7月になると、夏野菜は次々と花を咲かせ、収穫が本格化してきます。

収穫が遅れると、株が疲れ、実のつきが悪くなります。

とくに、キュウリ、オクラは実が大きくなるのが早いので、早めに収穫しましょう。

除草

大豆、人参は、草に負けないように除草します。

マルチをしていても、株元の穴から草が生えてくるので、株が小さいうちはしっかり除草しましょう。

病害虫対策

梅雨の雨が多い時期は、土壌の過湿や泥跳ね、蒸れなどによって、病気の発生が多くなります。

さらに、梅雨明け直後、多湿な状態で気温が急に上がったときも注意が必要です。

泥はねを防ぐためには、敷きわらやビニールマルチをして対処しましょう。

蒸れを防ぐためには、混み合った枝葉を整理したり株間をじゅうぶんに取りましょう。

ナスの更新剪定

ナスは7月下旬頃になると、しだいに実のつきが悪くなってきます。

原因は、高温と乾燥、病害虫によって、株が疲れるからです。

このままにしても回復は難しいので、思いきって更新剪定をしましょう。

一か月ほど収穫できなくなりますが、秋には再び良質な実を収穫できるようになります。

[関連記事]
ナスの更新剪定のやり方【おいしい秋ナスのために】

太陽熱土壌消毒

太陽熱土壌消毒

繰り返し野菜を栽培した土壌は、特定の微生物の割合が多くなり、病気や害虫が発生しやすくなります。

病害虫が発生した場所では、夏に透明のビニールマルチを張って、太陽熱を利用して殺菌します。

太陽の熱による土の消毒には60℃以上の高温を数時間保つ必要があります。

このため、真夏で晴天が続く7~8月が作業の適期です。

畝を立て、2週間ほど透明のビニールマルチを張っておきます。

畝の表面が高温になって菌や害虫が死滅します。

また、雑草対策にもなり、芽が出た雑草が熱によって枯れ、畝の表面にいた雑草がなくなり、雑草が生えにくくなります。

スポンサーリンク