インゲンの育て方まとめ

スポンサーリンク

インゲン

インゲンには、蔓を伸ばす「つるあり」タイプと、蔓が伸びない矮性(わいせい)の「つるなし」タイプがあります。

つるありは支柱が必要でやや手がかかりますが、収穫期間が長くて収穫量が多くなります。つるなしは手軽に育てられ、種まき時期をずらして長く収穫できます。

インゲンを栽培するときは、つるありとつるなしのどちらを栽培するかを先に決め、種を買う際に間違えないように注意しましょう。

つるなしインゲンの育てやすい品種
つるなしインゲンの育てやすい品種
若い莢を食べるインゲンは、品種によってさまざまな特徴があり、味わいも歯ごたえも違います。まずは育てやすい品種を育ててみて、ぜひ、いろいろな品種にも挑戦してみてください。

詳しく見る

つるなしインゲンの育て方とコツ
つるなしインゲンの育て方とコツ
つるなしインゲンは、支柱の必要がなくて手軽に栽培でき、初心者でも楽しめます。しかし、収穫時期を一斉に迎えるので、短期間の栽培となります。そこで、種まき時期をずらして、長く収穫できるようにするのがおすすめです。

詳しく見る

つるありインゲンの育てやすい品種
つるありインゲンの育てやすい品種
インゲンは、丸い莢の丸莢が一般的ですが、最近では平莢などの莢の大きなものも人気があります。ほかにも個性豊かな品種が豊富にあります。まずは育てやすい品種を育ててみて、いろいろな品種にもぜひ挑戦してみてください。

詳しく見る

つるありインゲンの育て方とコツ
つるありインゲンの育て方とコツ
つるありインゲンは、収穫までの期間が短く、関西地方では三度豆(さんどまめ)とも呼ばれ、作型を3つ組み合わせれば、収穫の始まる6月下旬から秋まで切れ目なく収穫することができます。

詳しく見る

スポンサーリンク