ニラの花は、「花ニラ」といって食べられます

スポンサーリンク

「花ニラ」とは、ニラの花が咲く前の蕾が付いた若い花茎を利用するもので、葉と比べて独特の香りが弱く、甘みがあります。スーパーマーケットなどには出回らない希少な食材です。

一般的な葉ニラから収穫した花茎も花ニラとして扱われますが、本来、花ニラは葉ニラとは別の品種で、テンダーポールが有名です。花ニラ専用の品種は、葉は硬いので食べません。家庭菜園では、一般的なニラを育てたついでに花茎を収穫した方が得だといえます。

収穫は、蕾のついた茎を、根元に近い位置で、指で折って取ります。花が咲くと硬くなって食べられませんので、蕾のうちに収穫します。

スポンサーリンク