初心者のための家庭菜園はじめてガイド

スポンサーリンク

道具を用意しよう
道具を用意しよう
農作業を効率よく、楽しく行うためには、野菜作りに必要な道具を用意します。最初からすべての道具を揃える必要はありませんので、必要な道具から揃えていきましょう。

詳しく見る

野菜のことを知ろう
野菜のことを知ろう
栽培に適した時期は、野菜の種類によって異なります。また、栽培にかかる期間や難易度も様々です。このような野菜の性質や栽培の条件を知ることは、栽培の計画を立てる上でとても大切なことです。

詳しく見る

栽培計画を立てよう
栽培計画を立てよう
家庭菜園だからとはいえ、モチベーションを高めることは大切です。目的を持った楽しい家庭菜園にするためにも、栽培計画を立てて野菜を管理していくことが大切です。

詳しく見る

家庭菜園の準備
家庭菜園の準備
家庭菜園を始めるとき、まず大切なのは野菜の生育に適した土壌を選び、畑から不要なものを取り除いて準備することです。

詳しく見る

畑を耕そう
畑を耕そう
良く耕された柔らかい土は野菜の根がのびのびと土中深くまで入り込み、蓄えられた水分や養分を吸収し、元気に育つようになります。ふかふかした土を作るには有機物を入れるなどの方法がありますが、まずは耕して柔らかい土にしましょう。

詳しく見る

酸性土を中和しよう
酸性土を中和しよう
酸性土になると土の成分のアルミニウムが活性化してアルミニウムイオンになりやすく、根を痛めます。また、リン酸と結合してリン酸アルミニウムとなって根がリン酸を吸収できず、リン酸欠乏症になる恐れがあります。

詳しく見る

畝を立てよう
畝を立てよう
なかなか畝の作り方のコツが掴めないかもしれませんが、畝を作ることを習慣化してしまえば、ごく短時間で簡単にできるようになります。

詳しく見る

マルチを張ろう
マルチを張ろう
マルチを地面にしっかり固定するには、どうすればいいか?それは、フィルムの裾を埋めてしまうことです。そうすれば、マルチの四方がしっかりと固定され、強い風でも剥がれなくなります。

詳しく見る

種や苗を用意しよう
種や苗を用意しよう
野菜の種や苗の用意は、ホームセンターや園芸店、ネットの通販などで購入できます。選ぶ際は、栽培の特性をよく確認してから購入してください。

詳しく見る

種まきをしよう
種まきをしよう
できるだけ、発芽からその後の生育へとスムーズに進むためにも、基本的な種まきの仕方をしっかり覚えましょう。ここでは、野菜の種まきの「基本」を解説しています。

詳しく見る

間引きをしよう
間引きをしよう
双葉が開き本葉が出てくるようになると株間が少し込み合ってきます。このとき1回目の間引きをします。間引きを怠ると株が密集して日当たりが悪くなり、徒長してしまうからです。

詳しく見る

苗を植えよう
苗を植えよう
5月は、夏野菜の植え付けが集中し、一年で最も忙しい時期です。できるだけスムーズに作業を行うためにも、苗の植え付け方法をマスターして、忙しい時期を上手に乗り切りましょう。

詳しく見る

整枝をしよう
整枝をしよう
野菜は放っておくと枝や蔓が伸び放題になり、日当たりや風通しが悪くなって病気や害虫が発生しやすくなります。そこで、余計なわき芽や蔓をかきとる「わき芽かき」や、茎の先端の生長点を摘み取る「摘芯」などを行い、株を充実させます。

詳しく見る

コンパニオンプランツを利用しよう
コンパニオンプランツを利用しよう
一般的に、一緒に植えると互いに良い影響を与え合う植物同士をコンパニオンプランツ(共栄植物)と呼びます。コンパニオンプランツの原点は、安定した生態系の組み合わせを利用することです。

詳しく見る

防虫ネットを張ろう
防虫ネットを張ろう
時間をかけて防虫ネットを張っても、害虫に入られてしまっては、せっかくの作業が無駄になってしまいます。筆者が実際に行っている、手軽で簡単でありながら、防虫ネットをしっかりと設置する方法を紹介します。

詳しく見る

スポンサーリンク