ピーマンの整枝は絶対に必要?【放任なら株間を広めに】

スポンサーリンク

ピーマンもナスと同じで、枝が垂れ下がると、枝の伸びが悪くなり、実の肥大も悪くなるため、支柱を立てて紐で誘引して茎を引き上げ、草勢を強く保ちながら育てるのが基本です。

しかし、家庭菜園では1番果の下の節の枝分かれ(最初に出た強い側枝)の下の脇芽はすべてかきとった後に放任しても、十分な量を収穫できます。

また、株間を広く開けていれば(60cm以上)、脇芽かきなしの放任でも問題はありません。

支柱を立てて紐で枝を誘引しながら育てるのも楽しいですが、手間を省きたい場合は、株間を広めにして放任しましょう。

スポンサーリンク