ピーマンの育て方まとめ

スポンサーリンク

栽培中のピーマン

ピーマンは、トマト、ナスに比べて簡単で育てやすく、収穫も多いので初心者向けの夏野菜です。

家庭菜園では1番果の下の節の枝分かれ(最初に出た強い側枝)の下の脇芽をかきとるくらいで、後は放任しても十分な量を収穫できます。

苗作りは加温・保湿が難しいので、家庭菜園では苗を購入したほうがよいでしょう。

ピーマンの育てやすい品種
ピーマンの育てやすい品種
最近は、赤や黄色のピーマンも登場し、食卓に彩を添えます。育て方は緑色のピーマンと同じですので、一緒に赤や黄色のピーマンも育ててみませんか。一般的な緑色のピーマンの育てやすい品種と、赤や黄色のカラフルなピーマンをご紹介します。

詳しく見る

ピーマンの育て方とコツ
ピーマンの育て方とコツ
ピーマンは、同じナス科のトマトやナスと比べて育てやすい野菜です。1本でも間に合うほどにたくさんの実がなり重宝します。大きな実をたくさん収穫するには整枝が必要ですが、家庭菜園では植えつけてから放っておいてもよく育ちます。

詳しく見る

ピーマンの苗の選び方
ピーマンの苗の選び方
苗を購入する際に大切なのが、十分に暖かくなってから苗を購入して植え付けることです。次に、良い苗を選んで購入することが大切です。

詳しく見る

ピーマンの整枝は絶対に必要?
ピーマンの整枝は絶対に必要?
ピーマンもナスと同じで、支柱を立てて紐で誘引して茎を引き上げ、草勢を強く保ちながら育てるのが基本です。しかし、家庭菜園では1番果の下の節の枝分かれ(最初に出た強い側枝)の下の脇芽はすべてかきとった後に放任しても、十分な量を収穫できます。

詳しく見る

ピーマンの肥料不足の見分け方
ピーマンの肥料不足の見分け方
ピーマンはナスと同じく栽培期間が長く、肥料が切れてしまうと、草勢が弱くなり、落花して実がつきにくくなります。そこで、花の状態をこまめにチェックして、肥料切れしているようであれば追肥します。

詳しく見る

ピーマンの完熟した赤い実
ピーマンの完熟した赤い実
ピーマンは一般的に未熟の緑色の実を収穫したものですが、パプリカが完熟して赤くなるように、ピーマンも完熟すると赤くなり、甘みが強く、栄養は2倍になるといわれています。

詳しく見る

ピーマンも更新剪定が必要?
ピーマンも更新剪定が必要?
ナスの更新剪定はよく耳にする若返りの方法ですが、ピーマンも更新剪定することで、新しい側枝が伸びて秋まで収穫することができます。

詳しく見る

スポンサーリンク