ピーマンも更新剪定が必要?

スポンサーリンク

ナスの更新剪定はよく耳にする若返りの方法ですが、ピーマンも更新剪定することで、新しい側枝が伸びて秋まで収穫することができます。

しかし、ナスよりも夏の暑さや乾燥に強いので、肥料がうまく効いているようであれば、更新のための剪定は必要ありません。更新剪定すると収穫できない期間ができるので、元気に育っているようであれば更新剪定しない方が得策です。

ただし、収穫の遅れや肥料切れにより、なり疲れ(スタミナ切れ)を起こしていれば、8月上旬にナスのように更新剪定して若返らせましょう。

スポンサーリンク